--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.31

昨日のこと

昨日のバイトは新人研修にあたったため、
ひとりで考え事をするような時間はありませんでした。
新人研修といってももう最終段階の方だったので
「極力口出しをしないで見守る」というのが私の主な役目。

他の人の仕事の様子を見ているといろいろと勉強になる。
その新人さんはとても丁寧にゆっくりお話をする。
お年寄りの方なんかにはとてもよいと思ったけれど
さっさと終わらせたいというお客さんだったら
イライラしてしまうんじゃないかしら、と聞いていて思った。
当然慣れていないせいもあって、同じこと2回言うこともあるし。

かけてきたお客さんの口調から
「私だったらそこは手短にするのに」と思うところを丁寧にやり
私が聞く限り、お客さんちょっとイラついてきてる気がして
聞いてる私がはらはらするけどずっと同じ調子で・・・
う~む、と思ってしまうのだけど
不思議なことに次第に電話全体が彼女ペースになってくるのだ。
最初早口で、急かすように短い返事をするばかりだったお客さんも
最後に彼女が「お電話、ありがとうございました。」と言うと
「はい、こちらこそ、どうもありがとうございました。」
みたいなペースになっている。おそれいりました。

せっかちなのは私か!
真似してみたいけど、でもすぐにはできない気がするな~。

でも一応私が指導にあたったわけなので
「お客さんの時間を頂いているわけだから
短縮できるところは短縮するということも考えるべき」
と私なりの意見は言っておきました。

思い返すと私が新人研修を受けたときは
「元気がない」ということを一番注意されました。
「バカになれ」とまで言われたことがあり
元気ってそういう元気なの・・・?と戸惑ったりもしました。
研修を終われるかどうかのチェックをしてくれるのは
指導にあたる先輩ではなくて社員さんが聞いてくれます。
合格が出たとき、
「最後に◇◇さん(先輩)からコメントはありますか?」
「やはり元気が・・・」ということを言われたのですが
そのとき社員さんは
「確かに溌剌!ってわけではないけれど
冷静で安定しているし、それはそれで個性です」
と言ってくれて安心したものです。
ゆっくりなのも個性だし、ちゃっちゃとやるのも個性なのかな。



一昨日の夜は、彼は飲み会があったようでしたが
私がいかにもかまって欲しげなメールを送っていたので連絡をくれて
電話もできました。
私がだらだら喋り、彼も熱く語ってくれたので
思いのほか長電話になってしまった。
昨日の記事はそのときの話を経て思ったことでもある。
そして昨夜は、次のデートのことで彼からメールが来た。
夕方まではゆったり時間がとれそうなようです。
「今のサッちゃんだったら
映画を2時間観たりなんとかランドに行ったりするより
のんびりと もういいよ ってくらい話でもするほうが
いいのかなあ、なんて思ってるのよ」と言っていた。
そう、確かに時間を気にせず話したいのだけど
私はなんとなく 山登り がしたい。
山登りなら登りながら喋り放題だし。でも寒いからいまいちね。
そう言ってる間に花粉の季節が来てそして暑くなっていくんだろうな。

夏に一緒に行った映画館で見た予告編の映画が
もうすぐロードショーってポスターを見かけた。
面白そうだね、一緒に観に来ようか って彼がささやいたあの時
そんな先の約束するなんて って怖くなったのを覚えている。
その 先 がもうすぐそこだ。
どんどん時は過ぎていくなあ。


スポンサーサイト
Posted at 16:38 | 日々のこと | COM(0) |
2008.01.30

特技:諦観

私が高校生の頃読んだ雑誌のインタビューでとあるミュージシャンが
「(某一流)大学に合格したときどう思いましたか?」という問いに
「僕また道を踏み外し損ねたな、と思いました」と答えていた。
どうも僕って型から抜けられないんですよね、という話をしていた。
いやいやお前が言うか?っていうくらい個性的なキャラの人だけど
「今だって見事に『型破り』っていう型にはまってますから~」
と話は続いていて、他人からの評価はどうであれ
彼自身がそういう感覚でいるんだってことはよくわかった記事だった。

ま、その人のことはどうでもいいんだけど
(特にファンというわけでもない)
外から見ると「成功」である出来事を
「道を踏み外し損ねた」というふうに言うその感じ方が
その頃から心に残っていて、たまに思い出す。
嫌味ではなくて、それって
『合格/不合格はすなわち成功/失敗であり
いわゆる勝ち組/負け組を分け人生の幸せ/不幸を表すのだ』
というような考え方の正反対の思想なのだと思うのです。
『自分は結果として合格したけれどもしあそこで落ちていたら
あるいは今よりもっとステキな生きる道を見出していたかもしれない』
そんな可能性にもどこかで感づいていたってことだと思う。

どっちの道に進むか
どっちの道が開けるか
どっちの道しか開かれなかったか
ということそれ自体は、幸せか否かの決定要因ではないのだ。

私は今、就職したいと思っていて、それを目指して歩いているけど
もしかして全滅した場合、そこで人生が終わるわけでもなく
一念発起して世界一周の旅とかしちゃうかもしれないし
むしろ起業してやる!って社長になるかもしれないし
「成功」してたらありえなかった道が
「失敗」によってぽっと目の前に出てくるってことも
なきにしもあらず、なのである。

これは院試を受けるときも考えたこと。
合格したいと思って勉強してるけど
もしだめだったら留年させてもらって就活しよう
そのほうが学部卒だし結果的によいのかもしれないし
ってはっきり思ってました。

「どっちでもいいのだ」と悟るととりあえず落ち着く。
「死ぬ気で頑張る!」というのとは遥か遠くにいる。


こんな私だもんだから、おかげさまでのん気に生きてるけれど
必死で頑張った経験 とか
挑戦して成し遂げたこと とか
特に力を入れたこととその成果 とか
そういうものを書けって言われても見つからないんだなー。
頑張ってないし で片付いてしまう。
「頑張る」って何? 「挑戦」って何?
みたいな哲学じみたスパイラルにはまってさあ大変 って感じ。


これからバイトに行ってきます。
電話が来ない間エントリーシートのネタをなんとか考えよう。
毎度毎度くさった記事ですみません。



Posted at 16:04 | 私のこと | COM(0) |
2008.01.29

波乗りじょにー

おとといの晩、就活ブルーに襲われてしまった私は
勢いで某企業の主催する就活セミナーに申し込んでしまった。
つまり企業や業界についてではなくて就活全体についてのセミナー。
とにかくブルーだったので、今すぐ!と思って今日の回を予約した。
でも会場について席にあったワークシートを見た途端帰りたくなった。
必要ないかも…。
触れ込みが結構キャッチーだったので
ここまで言うなら…という期待が高かったのですが
のっけからいやな予感。
が、退室する度胸もなく最後までいました。
なぜ働くのか!とかマニュアルに従うばかりじゃだめ!とか
わかりきった当たり前のことばっかり!というのが感想。
でも…
ちょっと思い返してみると、学部生のころこれを聞いてたら
目から鱗で張り切って就活してたかも、という気もしてきた。
いろいろと再確認したってことでよしとしよう。

実はそのセミナーの前に別の会社の説明会にも行っていて
それを経てなぜか前日の就活ブルーがかなり解消されたようなので
そんな感想を持ったのはそのせいかなと思っている。
アップダウンが激しいなあ。
私はいつも自分波乗りをしている気分です。

おうちに帰ってメールチェック。
新たにどんどんエントリーシート締め切りのお知らせが来ている。
はあ・・・・・・
いや、やるっきゃないのはわかってるけど。ひ~~ん><

は今日から出張。
1、一人部屋で 2、飲み会をしてなければ
寝る前にお電話タイムがとれるんじゃないかしら とちょっと期待。
ぐだぐだに今日の報告したーい!


Posted at 21:49 | 日々のこと | COM(0) |
2008.01.29

他愛ない一日

先日記事にした映画『今宵、フィッツジェラルド劇場で』で描かれる
公開ラジオ番組『A Prairie Home Companion』は
1974年から!今もなお実際に放送されていて
日本でも日曜午後4時からAFN(米軍放送局)で聴ける、とのことで
さっそく昨日予約録音をしておきました。
今日、勉強中のBGMにほぼエンドレスでかけていました。
ラジオの流暢な英語が聞き取れるわけもないので
そのせいで注意が散漫になったりすることもなく。
優秀なBGMとして一日よく働いてくれました。
アメリカの公式ホームページを読んだりしながら
一生懸命耳を傾けたらもしかしたら英語の勉強になるかなあって
いつ実行するかもわからない企みを胸に
楽しそうな雰囲気と 素敵な音楽と 司会の名調子
(内容はわからないけど、映画の印象とリズミックな語りから↑)
をそれなりに堪能できております。

途中で勉強に飽きて、読みかけだった安吾の『堕落論』に手を伸ばす。
残りは2、3篇だったのだけど日本史に関する文章で
最近ご無沙汰な単語ばかりが並んでいて大して理解できないまま
ページだけ調子よくめくって、 読破 ということにしてしまった。
読みかけで机においてあるのが気になっていたのでそれでよし。
また機が熟したら(?)読みましょう。

ちょっと前に妹が「お風呂入らないー?」って部屋に来たのですが
私のベッドの枕元に積んであった『クレヨンしんちゃん』に囚われた模様。
『しんちゃん』は確か私が小学生の頃にアニメが始まって
そのころはそこまで好きなわけではなかったのだけど
つい最近たまたまアニメをテレビで見たときに
「これはおもしろい!」と再発見して、数冊買ったのです。
子供向けアニメとして出会ったけれど
考えてみればもともと大人向けコミックなのでした。
私が買ってきたときは
「どうしてまた・・・」と呆れたリアクションをした妹でしたが
いざ読んでみたら、ほーらけらけら笑ってるじゃない!
・・・とさっきまで思っていたのですが
気付いたらそのまま私のベッドでぐーぐー寝ている・・・。
今日の私の寝床はソファーのようです。
(妹は自分のベッドが物置と化しているので大抵ソファーで寝る)


Posted at 00:47 | 日々のこと | COM(0) |
2008.01.27

数撃っても当たらない

ぽつりぽつりと ブログ拍手 をいただいておりまして
とっても嬉しく存じます♪
最初は 何のためにあるの? なんて思っていましたが
見つけると思わずにんまりしてしまいますね。
そのためにあるんですね(笑)
ありがとうございます。

今日もお電話バイトでした。
最初めっちゃ怒鳴って怒っていたおじさんが途中から急に優しくなって
最後には「感情的になってしまってごめんなさいね、
あなたの対応を受けて落ち着きました」とまで言ってくれた。
テレオペ冥利に尽きる、というのは言いすぎで何か違いますが
心の中でガッツポーズが出る瞬間です。
月に一回くらい
「あなたが出てくれて良かった」的なことを言ってもらえると
いいぞ私 と思いながら続けられます。
そして、そういうことをきちんと口に出して言うことって大事なんだな
と確認したりもします。

私、決して 基本的に自分に自信がない わけじゃないのに
就活となるとめっきり弱気になってしまう。
何をやってもダメな気がするわけなのですが、
ダメかどうかはやってみないとわからないので
「ほ~らダメだったじゃない」
と証明するためにもたくさんやってみなければね。
「数撃ちゃ当たる」って思いながらやるよりこの方がいい気がする。
どっちみち捨て身なんだから、まんまの私でぶつかるしかないのだ。
Posted at 23:19 | 日々のこと | COM(0) |
2008.01.27

備忘録

ミステリー・トレインミステリー・トレイン
(2008/09/26)
工藤夕貴
ジョー・ストラマー

商品詳細を見る

ブシェミさん狙い。
同じジャームッシュの映画は彼とも前に観に行った。
ブシェミさんはイメージ通りだし映画も普通に面白かった。
チャプターの区切りが見たことのない大雑把ぶりで笑った。



パリ、ジュテーム プレミアム・エディションパリ、ジュテーム プレミアム・エディション
(2007/10/24)
ナタリー・ポートマン
イライジャ・ウッド
ジュリエット・ビノシュ
スティーヴ・ブシェミ
ウィレム・デフォー
リュディヴィーヌ・サニエ
ファニー・アルダン
ジーナ・ローランズ
ベン・ギャザラ
ミランダ・リチャードソン

商品詳細を見る

ブシェミさん狙い2。
監督十数人によるオムニバス形式の作品で、
彼が出てるのはそのうちのひとつだから5分あるかないかの出演。
相変わらず、冴えない感じだし老けてもいて
妹とふたりして なんで好きなんだろ?(笑) って言いながら観た。
映画全体としても好きになれました。
私の唯一の海外旅行経験がパリだったのも理由として大きいだろな。
良い。



今宵、フィッツジェラルド劇場で今宵、フィッツジェラルド劇場で
(2007/07/27)
メリル・ストリープ

商品詳細を見る

彼と映画館で見損ねたもの。
いいなーとメールで言われながら勝手にひとりで見ちゃいました。
はじめのうちついていけなくて消化不良の部分もあるけれど
音楽がとても楽しめたし、
ネタになっているラジオ番組について知れただけでも嬉しい収穫。




3つとも、というかこれまでのも淡々と語ってますが
それは時間短縮のためで、
さらに短縮するならば「超いい!」で済ませざるを得ないくらい
激しく気に入っております。





↓ありがとうございます。
2008.01.26

恩知らず…?

予想通りのことではありましたが
彼に就活の話をして、お胸を借りて泣きました^^;
彼いわく、「文系女子院卒」というだけでまず落とされる
それが現実だそうだ。
本当のところはわからないけどそれもそうだろうし、
自己アピール欄がダメだったんだってくよくよするより
わかっているようでわかっていなかった「現実」とやらを
一番はじめに思い知らされたんだ、とするほうが
もしかして生産的かもしれないって
彼の言葉を聞いてたら思えてきた。

彼のすごいところはここから。
何社も受けて何社も落ちて当たり前なんだからってことで
「30社落ちたらうなぎの白焼きご馳走してあげよう」
うなぎの白焼き は…
前に「ちょっと贅沢しよう」って一緒に食べたのですが
それを私がやたら気に入ったので
以来ことあるごとにこういう感じで登場する単語です。
「その代わり10社以内で内定とれたらサッちゃんが奢ってね」
落ちても落ちても本当に落ち込んだりせずに
とにかく積極的に攻めていかねば!って思いました。

この話のあと2回目のえっちをしたのですが
なんだか…あっという間だった…と思って、ついそのまま
なんだか…あっという間だったね…
と歯に衣着せずに言ってしまった私。
すると彼から、ここ最近どんどん早くなってるよね?と言われ
やっぱり正直に 否定しない 私。
年かなあ…と彼。
…変なこと言っちゃったかも私。
Posted at 00:52 | 恋のこと | COM(0) |
2008.01.25

わくわく、がっくり

「残念ながら面接は遠慮させていただきます。」
初めての企業からのお返事はこれでした。
あー、がっくり。
けっこう志望度高かったんだけどなあ。

昨日は友達とミュージカルを見に行きました。
小さいころに親に連れていってもらったのを除けば
私にとってはこれがミュージカルデビュー。
友達の方は観劇歴の長いファンで
前から興味はあったのでついに便乗できて嬉しい限り。
遠くの席ではあったけど
この値段でこんな楽しい思いができるなら大満足だと思いました。
帰りに興奮気味に 楽しかった! という旨を述べてたら
またなんか観にいこうねって言ってくれてまた嬉しくなった。

そして帰ったら冒頭↑のお手紙が来ていて、がっくり。
縁がなかったのだ、と平静を保とうとしてはみるものの
そんな努力をよそに心はざわざわ…
冷静に何が原因かを考えて…
自分ちょっと真剣さが足りてなかったかなって思ったりもして…
「あのとき落ちといてむしろ良かった」って最終的に思えるように
今後につなげないとな!

今日は夜に彼と会う予定。
意味はないけど新品の下着です♪(笑)
Posted at 13:40 | 日々のこと | COM(0) |
2008.01.24

クレーム三昧

なんだかまた彼がらみの変なを見ました。
彼のこと考えすぎーってことでしょうか。
今回はぼんやりしていてよく覚えていないけど
「無理に時間作ってくれてるならいいよ」
みたいなことを私が言っていました。やれやれ。

私は今コールセンターでテレオペのバイトをしているのですが
今日はなぜかクレームが多くて多くて多くて多くて多くて
久々に やめたい って思いました。まだやめないけど。
電話を何本も受けてる中たまにひょこっとクレームがある分には
こちらも精神的余裕があるので謝ったり受け流したりして
電話を切って苦笑い(と上司に報告)、で済むのだけど
運の悪いときはひたすら文句を言われ罵倒されるようなのが
何本もつづけてくるので、そうなると嫌になります。
またかよ・・・
って。で、
またかな・・・><
って思いながら次の電話をとるわけです。
このスパイラルな感じがストレスの真の原因。
単体ならもう慣れてきたし、
上司もその都度ねぎらってはくれますから。

お客さんの言い分を聞くと腹を立てるのももっともだと思うし
意見を直接いただけるのは良いことだと思うけど
でも電話口で「ばか」なんて言うのはどうなの~!って思う。
前の電話もクレームだった、なんてむこうには関係ないけど
今日、弱りきったところで「ばか」を発射されたときは
なんかもう泣きそうになりました。
こういう人間にはなるまい、と思います。

他によくあって困るのは、親父ギャグを繰り出す人(笑)
私は普通に私生活でも つっこまずに放置 しがちなので
こういうときどう反応すればいいのか本当にわからん。
文字化できませんが、「え、あら、おほほ・・」みたいな空気の
笑い声をクッションにして、
「で、次なんですが」とさらっと移行するのですが
よく隣に座る同期の子に(年下だから敬語↓)
「サチ子さんて冷静ですよね」と言われました。
彼女は上司に、「あまりお客さまと盛り上がらないように」と
注意されたことのある子です(笑)
最近流行の「県民性」言説に多分に影響受けたイメージですが
大阪とかのコールセンターでは毎日のように
ボケとツッコミが激しくぶつかりあっているのでしょうか・・・?
んなわけない?


Posted at 01:10 | 日々のこと | COM(2) |
2008.01.21

半日

夢報告が続きますが、昨夜は彼の奥さんの夢でした。
PCをさわっていたら偶然奥さんの会社のページに行き着いてしまって
所在地とか、奥さんのお顔お名前生年月日などがわかってしまう。
どうしてわざわざ疲れる夢ばっかり見るのかしらねー。

ネット上で不倫をする方をたくさん見かけたり知り合ったり
最近はテレビでも「よくあること」みたいになっていたり(?)
私自身、あるがままの付き合いをしたくて複数の友人に打ち明けたり
不倫くらいなんでもないこと って思ってしまいがちだなと感じます。
ある意味では なんでもない けれど
絶対的に なんでもある わけで
こんな夢で自己調整しているみたい。

今日も寒いので、会社説明会のあと図書館で借り物をして
さっさと帰宅しました。
勉強すっぞ!

Posted at 15:14 | 日々のこと | COM(0) |
2008.01.20

好きの確認

ひとりでディズニーランドに行っている夢を見た。
一度くらいは試してみたいかな、って気もするけれど
夢の中ではどうやらそういうノリでもないようで
めっちゃ寂しい思いをしていた。
ばったり知り合いに会うとひとりであることを悟られまいとして
今だけ別行動なんだというふうを装っていた。悲しい…。
しかも、寂しさに耐えきれずまだ明るい時間ながら帰ろうとしたら
駐車場のマイカーが解体されている…
(現実の私はペーパードライバーなので車では来ませんが。)

ぐったりだぜ…というときに母に起こされました。
私は相当不機嫌な様子だったらしく、何怒ってんの、と
朝から母の気分を害することになってしまいましたが
あとで事情を話したら、笑われた。

私にとってみるとしかし、他愛のない夢の話 では終わらない。
一緒にディズニー行こうよ って言える相手がいないかもしれない
これってなかなかリアルな孤独感です。
異性はここではおいといて、女友達の話。
ふだん、彼と家族さえいれば私のコミュニケーションの世界は
だいたい不足がない。あとブログと。
江國香織の小説の言葉をパクると、「仲間がいない」のだ。
友達とは、学校で会ったときと数ヶ月に一度くらいのイベント
(人数は色々、花火大会とか、肉食べ放題とか、飲み会とか)
それくらいしか接点がない。
それで事足りてるのだけど、たまにぎゅーんと不安になる。
私嫌われたりしてないかなあって。

昔っからそうなんだなあ。
恋人だったらくどいくらい 好き の確認もできるけど
そういう確認が友達ともしたいような、したくないような
酔っ払ったときなんかにそんな話をして笑われたりします^^;

そんな自分とも長い付き合いなので、慣れたけどね。

Posted at 23:52 | 私のこと | COM(4) |
2008.01.19

「コンビニ寄ろうぜ」

昨夜は、いつものような3時間制ではなくて
夜でも長く居られるホテルを探して、まったりと過ごしました。
急かされないのはとってもいいなあ。
話もしたいけど、あと一回はしたいし・・・なんて悩まなくていい(笑)
部屋のテレビに備え付けられてる映画を見ることもできて
さすがに2時間の映画を全編見ようという気にはならないけど
はじめだけちょこっと見たりして、ゆとりのある気分。
この感覚になれちゃったら大変かも。
といっても前の彼とはいつもフリータイムを利用して
一日中ホテルにいるデートがほとんどでしたが。

ベッドの中でお菓子やアイスクリームの話になった。
◇◇はおいしいよね~ とか ▲▲知ってる?? とか。
私、自称「買い食いの女王」なので、コンビニとキヨスクの商品は
かなりの頻度でチェックをしており、
35才男性にこの話題で負けるわけはございません。
きのこの山だのキットカットだのクラシックな名前ばかり挙げる彼に
ガルボの美味しさを解説しました。
じゃあ帰りにコンビニ寄ろうぜということになって
深夜の0時ごろ、すっからかんのコンビニで2人でお買い物。
あとは帰るだけの車に乗るにも、寄り道場所があると思うと
ちょっといい気分で乗り込むことができます。

ガルボは彼も大変お気に召した様子で大満足。
この思い出効果で私も前よりもっと好きになる予感。

Posted at 11:47 | 恋のこと | COM(2) |
2008.01.17

寒い!

今日の東京は凍える寒さでした。
私は就活デーだったので、ストッキングにスカート。
普段はジーパン、ブーツにダウンジャケットといった出で立ちなので
なんでこんな日に脚出さにゃならんかね~とぼやいてました。

セミナー後、履歴書用の写真を撮りに予約していたスタジオへ。
成人式は何もせず、卒業式も適当だった私は
プロの方にメイクをしてもらうのは七五三以来だった気がします。
日頃のメイクも控えめなので
慣れない厚化粧(?)をされる鏡の中の私を見ていると
本当に6~7歳の幼い私が思い出されるようで少しこそばゆい。

撮影はたったか進み、待ち時間が長い…。
プロのカメラマンって、おだてたり冗談言ったりしながら
自然な笑顔を引き出してくれるのも役目の一つだと思うのだけど
(卒業アルバムの写真撮影に来てくれるようなカメラマンはそうだった)
ビジネスライクな感じのお姉さんが「微笑んでくださーい」
そんな直球で言われても素人には難しい。
まあなんとか納得のいく写真はできたけど(って言う程の元でもないが)
誰かにオススメするかと言ったら、しないかなー…。

うちに帰ると妹に けばいね今日 と言われそのままメイク談義に花。
うちの姉妹はいまだに一緒にお風呂に入ります。
化粧品の話や進路の話をして、並んで保湿の手入れをして今に至る。
私はこれから明日のゼミの準備。
明日は学校のあと彼に会えるので楽しみです♪
Posted at 23:03 | 日々のこと | COM(0) |
2008.01.17

携帯電話と恋

携帯電話の調子が悪い。
使っていると突然画面が真っ暗になって、
電源を入れたときの状態(HELLOみたいな表示)になる。
まだ半年ちょっとしか使ってないのに・・・交換かなあ。

前のと別れたとき、携帯に思い出が詰まりすぎているので
電池も弱くなってきていたし、機種変をしました。(今のの一つ前)
私はわりと携帯を握っている時間が長いヘビーユーザーなので
これが意外に気分転換になった。
何より、前のと交わしたメールが残っていないわけだし
推測変換で前のの名前が出てきたりもしないのだし
前の用に設定していた着信音や画像もリセットされてるし
そういう意味で、けっこう効果があるな、と思ったものだ。

そうこうしている間に今のとの交流が始まって
とのメールがたまって、彼の名前を携帯が覚えて
スケジュール機能にはデートの記録が残って
彼と一緒に行った場所の写真もメモリーに入って
やっぱり彼専用に着信音を設定してしまったりして
その携帯にもこってり彼の痕跡をつけてしまった。
彼と 別れた方がいいな と思った頃、
別れる前に携帯を変えようかな と考えた。先回りして。
結局そういうことはせず、彼との関係も一度は落ち着いた頃に
携帯の調子が悪くなって、必要になったから機種変をした。(今の)
変えてすぐのデートで、ちょっと お別れモード になった。
ひとしきり話し合って 泣いたりしてから
あ・・・携帯変えたところだ・・・
って気付いて、いよいよ携帯と恋の因縁に敏感になる私。
このことがあったからではなく買ったときから思っていたことだけど
彼への依存度を少しでも減らそうという思いから
スケジュール機能でデートの記録をつけるのをやめ
着信音の設定も彼のだけ変えたりはしないことにした。今もそう。

ジンクスとか暗示とか 基本的に好きじゃないんですけど
こればっかりは なんだか気になる。

でもそういう問題じゃなく、交換って面倒でいや!
多機能だからなのかな?すぐ調子悪くなるのは。
昔はこんなことならなかったのに・・・私の使い方の問題?
まだまだ、機種変はしないぞ。

Posted at 01:37 | 恋のこと | COM(0) |
2008.01.15

スティーブ・ブシェミ

さらにさらに、DVD鑑賞。

ゴーストワールドゴーストワールド
(2002/06/07)
ソーラ・バーチ
スカーレット・ヨハンスン

商品詳細を見る

「バカほど人間関係が得意なのよ」
彼に、私は友達を作るのが苦手みたい、と言ったことがある。
みんなが楽しそうにしている飲み会が私は苦痛だ、とか。
そしたら、俺もそういうふうに思ってた時がある、と言われた。
みんなバカみたいに思えて、友達なんかいらないやって決めた。
それでもちゃんとやってこれてるよ、って。
確かに、仕事もしてるし結婚もしてるし彼女までいる。
友達なんかいらないや、とは思えないけど
「バカほど人間関係が得意なのよ」「その意気だ」 だって。
良い映画を知った。


ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション
(2007/05/30)
ユアン・マクレガー
アルバート・フィニー

商品詳細を見る

ティム・バートンの映画はこれが初めて。
ユアンファンの友達がいて、
ユアンユアン言うのを ふーん って見ていたけど
これを見るとなんか好きになっちゃうなあ(単純)。
スティーブ・ブシェミがたまたま両方に出演していて
興味が湧いた。
父と息子 がテーマの映画で、
私は今のところどちらの立場にもなる見込みはないけれど
他人事だからこそなのか、このテーマが好きなのです。
女にはわからないなにかがある気がする。
最近そんな問題に直面している男友達の話を聞いたこともあって
タイムリーだなあと思って見ました。
でも、もっと広く「親子」「家族」の映画でもあって
決して「他人事」ではなかったけれど。



↓ありがとうございます。
2008.01.12

「勝ち馬は諦めない」

DVD鑑賞。

『パッチギ』
今度は思っていたとおりのパッチギ。
これは彼に前 すごくいいよ って勧められてたのだけど
なんだかあまりピンと来ませんでした。
でも 私の歴史に対する認識が甘いせいかもしれない。ううむ。
痛いシーンはいや って思っちゃうけど
実際ああいうことあったのか と思うと
いや って目を背けてばかりもいられない。



リトル・ミス・サンシャインリトル・ミス・サンシャイン
(2007/06/02)
アビゲイル・ブレスリン
グレッグ・キニア

商品詳細を見る

面白かったのでアマゾンリンク。
負け犬ってのは、負けを恐れて挑戦をしないやつのことだ。
お前は違うだろ?
――色と薬が生きがいのおじいちゃん、いいこと言います。
最初イメージ悪かった登場人物たちが皆
映画が終わる頃には好きになっている。


今日になってまた、思いがけない方から「修論どう?」と
心配&情報提供のメールが届いた。
研究者の方々のこういうフラットな優しさが好きです。
「優しさ」というか、研究者にとっては情報交換が生命線だし
お互いの研究の発展が学問全体の発展につながるという意識も
持っているのだろうなと思うので
後輩に対する「優しさ」とか「親切」とか「善意」とかいうより
こんなのあったよと教えあうのが文化なのだと思う。
でも私は勉強不足のなんちゃって院生なので
学問の発展に貢献するとはちょっと思えないけれど
それでも私を覚えておいて気にかけていただけて嬉しい。
恐縮するくらいならきちんと研究を形にしなければ。





↓ありがとうございます。
2008.01.11

人に会う

久々のゼミ。
この曜日に3つのゼミが重なっているので頭はフル回転
そして3つともメンバーの毛色やムードが見事にバラバラなので
その間を渡り歩いてる感はけっこう楽しいです。
なんだかたくさんの知り合いに一度に会うのが久しぶりで
妙に新鮮でした(引きこもり発言)。

朝イチのゼミ室に行くと、何やら物々しい雰囲気の始業前…。
詳しく書くのは控えますが、
ある先輩に研究のことで何か良からぬことがあったらしく
かなり精神不安定になってしまってる様子でした。
朝からずずんと考えさせられる…。

授業の合間には、
私が勉強面でおそらく最もお世話になっている先輩にばったり遭遇
久々だったけど、どう順調?と聞いてくださり少し立ち話をし
「ま、行き詰まる前に相談しな」とも言ってもらえて嬉しかった。
あまりにおバカだから見捨てられてるかと思ってた…

学校のあと美容院で髪を切りました。
のだめみたい、と妹に言われましたが
横から見ると奈美悦子みたい、と私は思います。
や(?)、満足です。
2008.01.11

昨日の今日、今日の今日

今日はなーんにも予定がない日だったので
おうちに引きこもっていろいろと読んだり書いたりしていたのですが
お昼ごろに彼から
「やっぱり△日は難しそうなんだけど、
その前後はサッちゃん忙しいんだよね?」
という内容のメールが来た。
私の返信
「~~~って用事があるから、あいてるとしたら今日」
「ほう。今日はどんな感じ?」
「ヒッキー」
「俺は今日の仕事は~~~という感じだから・・・」
「じゃあ△時に■■で待ち合わせね^^」
・・・と、あっという間に逢瀬が決定しました。

『デートの為に予定変えようって気にならない』・・・
『次いつだろうなんて気にならない』・・・
なんだか昨日書いたことといろいろと矛盾しているような;
矛盾だらけの人生です。

後で話したことですが、
彼は私が今日何もないことを見越してメールをくれたそうです。
何曜日が学校で何曜日がバイトで、といったような
私のだいたいの一週間のパターンは今まで何度も話しているので
つまり何度も聞かれていてつまり何度も忘れているようだったので
それを聞いたときはびっくりしました。御存知でしたの。
それに、私自身「今日ならあいてる」なんて言うのは、
今日の今日で誘うか?って思われるかな…って気持ちもあって
ちょっと躊躇した部分もあったので、
彼のほうも もしかして今日ならいけるか と思ったうえで
声をかけてくれたのだと知って、な~んだ^^ と思いました。

会って最初に何の話をしたか忘れてしまったけど
彼は私の事 疲れてるんでしょ といっぱい包んでくれた。
相手が彼じゃなきゃとうてい言えないような弱音や愚痴
どんな甘ったれたことも言っていいよ
いっぱいぐちゃぐちゃに泣いてもいいよ と
促されるままにこぼして泣いて すっきりしちゃった☆
特に病んでいる自覚はなかったし
実際 病んでる とか 疲れてる とか恐れ多くて言えないくらい
甘ったれた次元の話なんだけど、
あったかい彼の体にくっついて 腕に包まって 手でなでられて
泣いてもいいんだよ って言われて涙(と鼻水)を流して
私ったらなんて幸せ者(で泣き虫)なんだろう って思いました。

いっぱい泣いて落ち着いて いちゃいちゃする頃には
私自身は気付いていたのだけど 下もずいぶん泣いていて^^;
彼が触れる前に 「びっくりするかも」って思わず言いました・・・
そんなワンクッションをおいても尚 びっくりしていました(笑)
そして彼の言うことにゃ
「俺のが驚くほどでかくなってる!とかいうことはありえないけど
女の人の場合は、そうか・・・いやこれは確かに驚きだ・・・」
際限ないのかな、この水分って一体どこから?などと
しばし女体の不思議に思いを馳せた2人でした。



Posted at 01:54 | 恋のこと | COM(0) |
2008.01.10

デート欠勤

以前は、彼とのデートのために
何かと理由をでっちあげてバイトを休んだり動かしたりするのを
半ば趣味のようにやっていたのですが
この間はじめて、それを「面倒くさい」と思う自分に出会いました。
デートのためじゃなくてもわりと曜日に関係なく予定が入るので
曜日で固定されてるシフトの変更願を出す機会がもともと多くて
どうしても!って気持ちがないと当然こちらもやりづらいのです。
つまり以前は、会社にとっての迷惑とか
私が買うであろうヒンシュクとかを超えて
どうしても!って気持ちでデート欠勤届を出していたのが、
今は どうしても!まで至っていないみたいなんですね。
年末年始で鍛えられたのかなんなのか
これ会えなかったら次いつ??っていう気持ちも弱い。

「デートごときでバイトを休んだりするわけにもいかない」
これってでも常識的な考え方なので
きっと今までのほうが間違ってたってことですね。
塾のバイトをしていたころは、一応担当の生徒がいたし
人手不足でもあったから穴があくと回らなくなるのもわかってたので
よほどのことがないと休もうなんて発想すら出なかったけど
今のバイトは大勢の中の一人としての役割なので
全体として人手不足ではあるけど、私の分の穴があくというよりは
密度が薄くなるという感じなので
ついつい甘えてお休みしてしまうのでした。

3連休の間、少しだけ時間が合いそうだけど
私もどうせ生理だし、ご飯食べるくらいなのかな。
かえって欲求不満になったりして。
(↑こんなことも以前は思わなかった。)


Posted at 01:45 | 恋のこと | COM(2) |
2008.01.08

悲しみについて

まだFC2ブログに慣れていなくて
ブログ拍手 の機能には今頃気付きました。
(でもこれって何?)
遅くなってしまいましたがそちらでコメントくださった方々
どうもありがとうございます^^ 受け取りました、やっと。



今日の目覚めは最悪でした。変な夢を見たから。
彼が待っているホテルの部屋に、他の男の人と一緒に入る夢。
夢の中の私が何を考えていたのかよくわからないのだけど
彼とそこで会うことになっているのは承知していたっぽい。
でも既に彼がそこで待っているとは思っていなくて
入ったときに あちゃ! と感じた。
とはいえ、その男とそこで何かしようとかそういうつもりはなくって
この後△時からデートなんだ とも言っていて
その人とは普通の友達としてその時間まで一緒にいる予定だった。
デートの時間が楽しみ~ってそう思いながら
なぜかその人を連れて部屋に入った。
そしたら彼は全然慌てることもなく 誰?とも聞かず
「なんだ、用事あるならいいよ」と帰る準備。
そして男は「あ、そうですか?じゃあ」と居座る構え。
私が何を言う間もなく彼は帰ってしまった。
その後その男とどうしたのか覚えていないのだけど
彼から(これも内容は忘れちゃったけど)
なんだか意味ありげなメールが来て
どうすればいいんだろう・・・ ってとこで一旦目が覚めた。
目が覚めたんだけどまだ夢と現実の境目が曖昧で
あ~彼に早く連絡しないと><何て言おう・・・ って
布団の中でしばらく悩んでいた。そして徐々に本当に目が覚めた。

他の男と現れたとき あんなにあっさり退かれたのが悲しかった。
でももし逆だったらって想像してみると 私もそうしかできないかも。
お互い私たちは その人は自分のものなのに って
言えない立場にある。
不倫だからそう思うのか 恋愛一般でも私はそう考えるのか
それは検証材料がなくてなんともいえないけど
怒ったり泣いたりするのは筋違いで
ただただ 悲しい気持ちでいっぱいになることしかできない。
夢の中の彼が悲しかったのかどうかわからないけど
「悲しい」っていう気持ちは
大事な人に一番味わわせたくない気持ちじゃないかと思う。

小学生のときクラスでいじめがあって
いじめられてた女の子が学校を休んだ日に担任の先生が泣いた。
男の先生。年は40前くらいだったのかな?
熱くはないけど おおらかな先生だった。
教卓の椅子に座って 怒るんでも説教するんでもなく 
「悲しいよ」と言って泣いてた。ショックだったな。

それから前の彼に 私が一度ひどいことを言って
泣いてはなかったけど あの時のすごく悲しい顔も忘れられない。

「悲しみ」って エネルギーをすべて奪い取っていきますよね。
ゼロになってしまう。怒りや悔しさとは違う。

例えば彼の 悲しい顔を作ることなくいられればいいな・・・。


Posted at 23:57 | 恋のこと | COM(0) |
2008.01.08

乙女の恥じらい

高校生のが 痔っぽい と悩んでいます。

私もいつだったか これって・・・痔!? と思って
恐る恐る母に症状を説明したことがあります。
そしたらあっさり 
「たまにあるわよ、気付くと治ってる」
と言われたので、なんだそんなものかと思って
それ以来 たまにあるけど(笑) うまくつきあっている。
実は彼に見られたこともある(恥じらいが足りない私)。
でもそのときも
「サッちゃん今日ここちょっと気になるんでしょ(笑)」
とさらっと指摘されたので、恥らうどころか
やっぱりそんなものか という意識を新たにしました。

だから私もに よくあるらしいよ とあっさり言ってやりました。
また、R25で奇しくも痔について書かれていたのを先日読んだので
そこで得た情報も少しばかり伝授しました。
あと、女性は出産後になったりもするというのも聞いたので
そうらしいよ とも言いました。

でも彼女は私と違って あまり安心したりしないみたい。
気になってネットでいろいろと調べたらしく
ちょっとした 痔博士 と化していました。
痛くてしょうがないとかそういうことではないらしいのですが。
いや、そんなに気になるなら病院行きなさいよ
それか市販の薬でも買って使ってみたら? と私が言うと
制服でボ○ギノールなんか買いに行けない とのたまう。

そんな恥より健康の方が大事じゃろう!と思いましたが
と同時に、のその態度にすごく「乙女」を感じて
私 年取ったなあ・・・  としみじみ感じ入ってしまった。

彼がよく言う。
年をとると多少の恥をかくのが怖くなくなる と。
だから、例えばわからないことがあったらきちんと質問するとか
些細なことかもしれなくても気になったら確認できるとか
彼の言う 大人 のひとつがそういう姿だ。

まさにそれではないか。
病院はさすがに、どうやって診察するのか知らないけど
本当の本当に不安で仕方がないってところまでいかないと
なかなか行こうっていう気にはならなさそうですが
薬屋さんでちょっと相談するくらいできる気がします。
やっぱり花の女子高生とはもう世界が違うみたいだ。

というわけで、明日私が薬を買いに行ってみることになった(笑)
当人じゃないのでもし間違ったものを買って悪化させたりしたら…
という恐怖は拭えないけど、買い物自体はばっちこいな感じです。
店員さんに相談しなきゃいけなくなって
「いえちょっと家族が・・・」とか言ったら
『この人恥ずかしいから 家族が ってことにしてるのかな』
なんて内心思われたりするのかな~?
いや、それとももうそんな恥らう乙女のようには見えないのかな…

座れなくなったら痔だってばれるから学校行けない
とか言ってるので、明日寄るのを忘れないようにしないと!

2008.01.07

ブリ大根

長々と カミングアウト について書いておきながら
引っかかっているのはどうも別な部分であるような気がしてきた。
つまり 不倫の話を打ち明けるのを迷っているというより
えっち系の話がネックである ような気がしてきた。
ここも 旧ブログも 特にそれがメインであるつもりはないけれど
それなりに重要なトピックではあるので ね。
もうちょっといろいろと調整が必要かなあ。



さて。
今日、母の作ったブリ大根を食べたらとても美味しかった。
母は仕事が忙しくなってから料理をする機会は相当減り
もともと家事が好きというわけでもない(というか嫌い)らしいので
最近はめっきり たまにしか料理しない主婦 まっしぐら。
(私が小さい頃はそうではありませんでしたが。)
それなのにたまに料理をすると 美味しいんだなあ。不思議。
しかも 料理なんて結婚するまではほとんどしなかったそうな。
それを聞いてこれを食べると 安心します(笑)
ちょこちょこ料理をしている周りの女の子の様子を見ていると
あれ、私これで大丈夫かなって焦るのですが
まあ大丈夫かなって思いました。
できるに越したことはないでしょうけど、マイペースでいいや。

一人暮らし時代にも母は料理しなかったそうなので
私も、仮に一人暮らしを始めたとしても
それで料理癖がつくかもなんていうのは幻想に過ぎないのだろう。

私と妹とあわせて うちの母はかなりの年数の間
連続で毎朝お弁当を作ってくれてました。
なんだかんだ言って楽しんでたの?って聞いたことがありますが
まさか! と即答でした。
両親や自分のためには料理しなかったのに
夫や子供のためだったらこうだもんな。
食べさせる相手がいるって すごいことなんだな。

2008.01.06

カミングアウトについて

「はじめに」の記事で書いたとおり
不倫については隠してある”普通の”ブログも私は持っています。
もともとそちらを先に始めて オフの知人には知らせることなく
オンラインだけでぶつぶつと細々とやっていたのですが
不倫の世界に足を踏み入れてしまったため いわゆる
「裏ブログ」として サチ子 の旧ブログが生まれたのでした。

オフの裏のオンなのにさらにその裏を作ったわけで
私ってつくづく隠蔽体質だなあと思う。
「秘密主義」というとミステリアスでちょっとステキでもあるけど
悪く見られないように外を繕うことに腐心しているだけで
偽りのない自分で体当たりができないただの臆病者です。

かれこれ3年近くその2本立てでバランスをとっていられたものの
最近は表も裏も入り混じってしまってうまくいかないので
こうもぞもぞと 何か変えられないかなと やってみてるのですが
今のところサチ子ブログがお引越ししただけで
向こうのブログからこちらへは移ってきていません。
向こうのブログはここ以上に閑散としており
片手で足りるほどの数の読者さんしかいない(と思う)のですが
そちらはそちらなりに本音で長くお付き合い頂いているので
ここへの誘致はすなわち カミングアウト であります。

カミングアウトのリスクを考えてみる。
1、ばれてはいけない人にばれる可能性が広がる
2、理解を得られず関係にひびが入る
3、先方になんらかの不利益をもたらすのかもしれない
こんなところでしょうか。

1についてはしかし、ばらしてやろうという明確な意図がない限り
おそらく普段の生活ではお互いに接点がないので
私や彼の周囲の人に伝わる可能性は低いと思われます。
それにしても世間は狭いので注意は必要ですが
それを言うならこんなブログを作ること自体がリスキーですしね。
2については、言ってみれば私にとっての不利益。
それは自己責任ですから、告白を選んだなら仕方のないことです。
そして3は、具体的にはどんな不利益かよくわからないけれど
たとえば過去の傷をえぐりだしてしまうかもとか?
無縁でいられたはずの知りたくない世界に触れてしまうとか?
でもそれは、冷たく無責任なようですが
こういう私と付き合いを持ったその人自身の問題であって
私としてはその結果2のようなことになっても受け入れる覚悟を
することくらいしかできないように思います。
そこまで 私のせいだ と思うのはむしろおこがましいような。
この辺が、家族と他人との違うところなのかなと思う。
家族だったら 親子にせよ兄弟姉妹にせよ
そう簡単に切れないので また話は別です。

不倫なんてしたら ある程度秘密を抱えて
秘密ゆえの不自由や苦しさを抱えて暮らすのは当然のことで
それを話して楽になっちゃえ~ あとはどうにでも なんてのは
ただの自己チューな発想なのかもしれない。
なんでもかんでも正直になればいいというものでもないし
果たしてこの カミングアウト は正しい選択なのかどうか
とても悩ましい。

「正しいか正しくないかの判断は 神様だけがなさるのだ」
という台詞が 去年ロシア語の授業の課題で読んだ
トルストイのなんとかという話の中に出てきます。
非常に陳腐で説教くさい話であり台詞でありますが
にも関わらず当時の私はこのシーンにはっとさせられました。
自分を殺そうとする追いはぎに対して
「私はお前など恐れない 私が恐れるのは神だけだ」と
追いはぎが捕らえている男を放すように毅然と言う主人公。
私は宗教的な神様を信仰してはいないし
こんな崇高な話とは本当にまったく次元は違うのだけど
目の前の恐怖 目に見える自分の命と 
二度と陥りたくない本当の恐怖 自分がありたい姿と
どちらを本当は大事にするべきなのか、考えさせられた。

私は以前 関係を壊したくなくて都合のいい態度をとり続けて
最終的に壊してしまった人間関係がある。
大事にしたい関係であればあるほど
都合の悪いことも含めてまるごと自分を出さないと
隠し事や繕った姿はいつかガタが来て駄目になるということを
痛いほど思い知った。
自分で一部を封じ込めて一部だけ見せて外面を取り繕っておいて
どうせ私のことなんて知りはしないって勝手に引きこもって
頼ったり信じたりが だんだんできなくなる。悪い癖。
だから私にとっては たとえカミングアウトが
隠す「べき」ことを隠し切れないだけの自己中心的発想の賜物で
その結果私の交友関係がどうかなってしまうとしても
丸裸の(といっても節度をわきまえて)私を見せることの方が
貫きたい というか挑戦したい正しさなんだと思う。

神まで引っ張り出して 言うか言わないかこうも大仰に語るのも
私ならではの弱みゆえであって 恥ずかしいけど
なんたって 裸になる場所 なので個人情報以外は
(この辺が 節度 のつもりだけどIT社会は怖いなあ)
赤裸々に綴らせていただきたいのです。
ここで裸の私を確認できるから 服を着て外に出て行ける。

話はさらに延びますが こんなことを思うようになったのは
旧サチ子ブログを通してのことで
あそこでは下ネタも含めて意図的に正直に書きました。
「サチ子さんは正直」とか「率直」とか
言っていただいたこともありましたがそうある努力をしてのことで
ついついいい格好したくなる自分を抑えて書いていました。
そしたら驚いたことに もう一つの方のブログよりずっと
読者さんも多く来てくれるし コメントもいただいて
私 思ったままを書いてもいいんだ って思えました。
同じくらい 一人目の彼にも感謝です。
まるごと話しても受け入れて好きと言ってくれた。
まんまの自分を大事にしても大丈夫なんだって気付けた。

そういうわけで、最後になりましたが
皆々様 どうもありがとうございます。

旧ブログへのリンクは 今後やっぱりはずそうと思います。
仕切り直しってことで。

正月休みにさよなら とか言っておいて
バイト前の貴重な時間を内面の吐露に費やしてしまったので
よりいっそう  頑 張 ら な い と !
彼だったら そういう心の問題は置いといて
建設的に動きなさいって言いそうだけど
私はこれを経てこそ建設的に動けるのである。たぶん。
なんでもかんでも言うとおりにするんじゃないもんね~っと。

いろいろと 勇気が要ります。




2008.01.06

初詣

今日は今年の初デートでした。
都会の小さな神社に寄ってお参りをして、おみくじをひいたら
なんと2人して 大吉!
小心者の私はむしろ恐ろしいわと震えんばかりでしたが(大袈裟)
彼があっさり ここは大吉が多いんだな と言うので
あ、まあそういうことか と落ち着きを取り戻す私。
以前女友達と2人そろって大凶をひいたことがありましたが
そのときも 日が遅いと大凶率が高いらしい とかいう
根拠の怪しい説にすがって気にすまいとしたものです。
よく読むと、願い事は全てかなうとか(えーとこれはうろ覚え)
やること全てが幸運につながるとか(これは確かにあった)
方角:どこでもよいとか(やる気のなさがちょと笑える)
本当に「むしろ恐ろしい」ことばかり書いてある・・・。
彼は でも外れても責任とってくれないからね と冷静。

正しいしきたりについてはよく知りませんが
みんなが結んでいるところに私たちもおみくじを結びました。
彼が結んだら隣に と思っていたら
じゃあ一緒に結ぼうぜ と彼が言い、にやける私。
一緒にって重ねて結ぶのかと私は思ったけれど
彼が枝に結び 私が彼の輪っかに結ぶかたちに。
なんだか私の主体性のなさが表れているようでちょっとなあ・・・
なんてちらっと思っていたところ
彼が力任せに引っ張って自分のおみくじを破ってしまった^^;
ので、私ので上からなんとかごまかしてくくりつけました。
これはこれでいいかな^^

そのあとはずっとホテルでごろごろしていた。
久しぶりだねえとニタニタしたり
寝正月でだらだらしちゃったとぶつぶつ言う私に彼が喝を入れたり
いつも通りの楽しいまったりタイムでしたが
いつもと違ったのは 自分たちのセックスについて
ずいぶんと具体的な議論を交わしたこと?
こうよりこうがいい とか これのあとのこれは嫌 とか・・・
今まであまりこういうことはなかったので新鮮だった。

↑「彼が喝を入れたり」と書きましたが
彼は実際には声を荒げたり厳しいことを言ったりして
「喝を入れたり」はしない。
どうしたら頑張れるかなあ と私が甘ったれたことを言うと
サッちゃんが頑張らなかったら俺が誘いにくいだろ?
と彼は言った。
怠けてる私を見て呆れないの? と私が言うと
呆れないよ(笑) と彼は頭をぽんぽんする。
呆れるかも とか言われて軽くショックを受けた方が
危機感で自分を律せるんじゃないかと思っていたから
甘いよもう!とプチ逆ギレなんかして困ったお子様の私。
何やってんだかな~とそのときはもやもやしていたのに
別れるときは不思議と、なんだか頑張れそうな気持ちになった。
さんざんぐだぐだしたのでさすがにそろそろ動かなきゃまずいって
ただそれだけのことだろうとは思うけれど
明日からバイトも始まるし、正月休みにさよならしよう。
だから彼は喝を入れたわけじゃないけど
淀んでいた私の中に風を吹き込んでくれたことは確かです。



Posted at 01:36 | 恋のこと | COM(4) |
2008.01.05

『のだめ』 パートナーについて

『のだめカンタービレ』を観ました。
ドラマも観ていたので お久しぶり な感じ。

千秋くんを見ていると、こういう男の子っていそうだなあと思う。
俺様系 プライドが高くて 才能にも恵まれて どこか女々しい。
今日の放送分の最後 ライバルだったジャンの台詞
「ユウコに出会ってからいいことばっかりなんだ!」
ジャンとユウコもそうだし 千秋とのだめもそうだけど
どんなに才能やらなんやらがあっても 人ってどこか弱くて
そういうとき いろんな仕方でそばにいて力になってくれる
そんな存在をパートナーって言うのかな、と思いました。
愛人って、なんかそこまで踏み込めないようなイメージがあります。
人それぞれではあろうけれど パートナーは配偶者 でしょうし。

ふと考えてみると、
私はこれまで付き合った人に(って2、3人だけど)
とっても支えられて力になってもらってきたし
もしかしたら私もちょびっとくらい支えた事もあったかもしれないけど
でも パートナーだな っていう風に感じたことはない。
(婦人科行ったときは問診票の用語によると
彼は「パートナー」でしたが、これはセックスの、ですね。)

一度だけ、一週間にも満たない短さでしたが
2つ年上の先輩(独身)と恋人同士だった期間があります。
その人は学生ながらに起業?っぽいことをしていて
私と付き合ったときには既にビジネス界に足をつっこんでいた、
のか実は詳しいことはよくわからないのですが、そういう人で
前の彼女さんはその人がそこに至るまでの地道な努力の期間
陰に日向に相当尽くしているようでした。
イベントの企画を色々としていて、私もその頃はお客として
学校の友達と出かけたりしていたのですが
表に立つ宣伝や受付や、出演者にもなっていたし
事務方としても、なんとか責任者として名前が載っていたり
そしてきっと 主催者の彼女 として顔も知れていただろうから
仕事をとりまく人間関係上でも「役割」があったんだろうなあと
他人事ながら思います。

その人と付き合うことになったとき、何より先に(?)私は
前の彼女さんのようにはできないからね、と言った。
傍から見ていて、その2人のあり方ってあまり好きじゃないと
兼ねてから思っていたところもあるのだけど
(じゃあその片割れと付き合うか?というのは置いといて;)
恋人だからってあんなに自分の時間を割いて尽くすなんて
私はしたくなかったし、応援の形ってそれだけじゃないと思うし
それができなきゃ彼女じゃないなんてもちろん言わせないし
周りの人に「次の彼女か」って思われるのも嫌だったし
前の彼女さんがその後どう仕事に関わって来ようが来るまいが
本質的にはそれって私に関係ないと思っていたし
だから、私ああいうお手伝いはしないから、と言った。
それを聞いたその人の第一声は 「え~応援してよ~」。
応援はするし、してるけど、何か違う、と言うと
「まあ、わかったよ」というような感じでその場は落ち着いた。

その人との関係はいろいろとつっこみどころ満載なので
ここで引き合いに出す話ではないかもしれないけど
夢に向かってがんばってる千秋くんにメロメロでありつつも
ダメなところもよく分かっているのだめちゃんは
まとわりつくだけでなく 叱咤激励に 催眠術(笑)にと
よくできた女の子だなあ、と思った。

不倫は2度目で ↑以外にはそれらだけがお付き合い経験の私
少なくとも不倫の彼たちは 「就職」「結婚」といったステージを
終えているわけで、単に年の差という意味ではなく
私とは同じ高さにはいない人たち。
似たような未熟さを持った者同士で支え支えられていく関係って
どんなだろうなあ・・・

そんなことを思いました。



Posted at 02:04 | 恋のこと | COM(2) |
2008.01.03

映画鑑賞

年末年始に観たDVD。

『映像の世紀 第1集~第6集』
NHKの番組を収めたもの。
彼の私物で、現代史の復習にどうぞと貸してくれた。
それに触発されて観たのが↓


アラビアのロレンス 完全版アラビアのロレンス 完全版
(2006/12/20)
ピーター・オトゥール
オマー・シャリフ

商品詳細を見る

父が買っていたもの。
4時間近くもある男ばっかりの戦争ものなんて初挑戦で
最後まで見られるかしらと心配だったけど
各登場人物が個性豊かで思いのほか楽しめた。
アラビアのロレンスを観たよ、と彼にメールしたら
あれちょっとホモっぽいよね、と返ってきた(笑)
彼は自他共に認める映画オタクなので
映画鑑賞報告をして「いい映画でしょ^^」と言われると嬉しい。
が、今回はそういうコメントではなかった。
でも私としてはとても知見が広がった気分なので観てよかった。


パッチギ!LOVE&PEACE スタンダード・エディションパッチギ!LOVE&PEACE スタンダード・エディション
(2007/10/26)
井坂俊哉
西島秀俊
中村ゆり
藤井隆

商品詳細を見る

父が休み中に鑑賞するためにごっそり借りてきたもののひとつ。
ミーハーな父は話題作をとにかく借りてくる。
これも、沢尻エリカの出ているあれだと思って観てみたら
いつまでたっても出てこず、よく見たらパッチギ違いでした。
彼と以前『フラガール』を観に行ったとき
同じプロダクションの作ったパッチギが良かったと言っていたので
私も興味があって、おとんナイス!と思ったのに・・・。
メインテーマについてもいろいろと考えさせられることはあるが、
これも前に彼と観た藤井隆主演の某映画が非常につまらなくて
大好きだけどもう俳優業はやってくれるなと思った藤井隆が
見違えるほどに大活躍していたことがとても印象的だった。


THE 有頂天ホテル スタンダード・エディションTHE 有頂天ホテル スタンダード・エディション
(2006/08/11)
役所広司
松たか子

商品詳細を見る

うちにあるもの。
年越しパーティーの準備に追われるホテルが舞台の映画なので、
大晦日にまた観よう!と前々から妹と計画していた。
これに出演している佐藤浩市さんが私は大好きで
今年三谷映画でコメディ初主演!とのことなので待ち遠しい限りv


バッテリーバッテリー
(2008/10/24)
林遣都
山田健太

商品詳細を見る

小説が本屋で平積みにされているのを何年か前に見て
面白そうだな~と思った。結局読んでいないのだけど。
おととし塾バイトで小6の男の子の授業をしたとき
中学受験の国語の問題にこの小説からの出題があって
その子が「僕これ読んだよ、面白かった」と言っていた。
観てみると、子役の笑顔の不自然さが気になって気になって
最後までイライラ感が消えなかった・・・。
お芝居なんてしたことないけど、難しいんだろうなあ、
とさえ思った。
去年の夏に彼と観た『天然コケッコー』は
脇をかためる子役たちがとっても自然で気持ちよかったなあ。
天然コケッコー [DVD]天然コケッコー [DVD]
(2007/12/21)
夏帆
山下敦弘

商品詳細を見る



『東京タワー』(オダギリ・ジョーのやつ)と『間宮兄弟』も
人が観ているのを少しだけ、ちらちらと観た。時間がなくて。

映画を観る という行為ひとつとってみても
(映画好きの)彼と付き合ってなかったら
興味の持ち方も違っただろうな と思うし、
「○○を観たよ」とただ報告するのも
他の人に言うのとは/他の事を言うのとは
やっぱりちょっと違うんだぞ って感じる。

その彼ですが、年末に目星をつけていた日がダメかもと言うので
○日も○曜日も3連休も私あいてないや、残念、とお返事したら
彼のほうがどうにか都合をつけてくれて
短時間ではあるけど当初の予定通りに会えそうです。
久しぶりだから、ゆっくりお話ができればそれできっと満足^^


2008.01.02

「いくつの名前を持っているの?」

『ハウルの動く城』 私は大学の学部生のとき映画館で観ました。
映像と音楽が美しい というのは感じたけれど
ストーリーについてはなんだか理解できなかったというのが本音。
でもひとつだけ 印象に残った会話がある。

ソフィ「ハウル、あなた一体いくつの名前を持っているの?」
ハウル「自由に生きるのに必要なだけ」

その頃、私は出会い系のチャットに出入りするようになってました。
ブログに興味を持って、ひっそり始めたのもだいたいこの時期。
友達関係がことごとくうまくいかなくて
思ったことをなんでも吐き出せる場所が欲しかったのだ。
周りの人に相談するのではなくて
見知らぬ誰かに聞いてほしくて 優しくしてもらいたくて
次々と新しい名前を名乗って PC越しに人と話した。

19や20の女の子に PCの向こうの男の人たちは優しい。
ちょっとでも怖いと思ったら 逃げるのは簡単だった。
フリーのアドレスを使って 長期的にメール交換した人もいる。
実際に会った人もいる。特別危ない目には合わなかった。

まったく知らない人たちと うその名前で語り合うのは
とても自由なことに思えた。
過去の/学校での/家での・・・どの私からも自由で
思ったとおりを言おうが 真っ赤な嘘を話そうが
誰にもわからないし お互いにあまり影響もない。

そして実際に私の周りにいる人たちには
慎重になって 話すことと話せないことを選り分ける。
不自由だと思った。

私がしていることは ハウルと一緒なのかな?
映画を観てひっかかったのはそこでした。
私は本当に 全体的にあの映画はよくわからなかったし
見直してないし 原作も(買ったくせに)読んでいないので
ただなんとなく 思うだけなのですが
ハウルがたくさんの名前持っていることは
彼の弱さ であるように感じた。

私 いつかこんなことはやめて 自分のただひとつの名前で
ただ一体の私として ここに在れますように
って そのときぼんやりと誓ったような気がする。



オンライン上で に過ぎませんが ひとつながりの私 試験運用。



Posted at 12:45 | 私のこと | COM(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。