FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.26

雨だけどお出かけ

朝から雨、雨、雨。
バルコニーの植木鉢を雨の当たらないところに移そうと思って見ると
5つ植えた球根のうち2つが芽を出していた!やったあ♪

午前中、家の用事でどうしても私が車を出さねばならなくなり
初めて父なしで運転した。
やってみればできるもんだ。
車庫入れも一応できたし。
これはなかなかエポックメイキングな出来事である。

午後は美容院へ。雨の日割引があればいいのに。
丁寧で朗らかな美容師さんで楽しかった。

昨日の夜見たテレビ番組に影響を受けて
初任給できちんとしたお箸を両親はじめ家族に贈ることを思いついた。
お箸屋のお兄さんに少し質問したら素材や製作技法について色々教えてくれて
たいへん興味深くうかがった。
またひとつ面白く奥深い世界を知ることができた。
高額で手が出ないけど素敵だったお箸を夢見るという楽しみが増えた。

それから『スラムドッグミリオネア』。
スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) [DVD]スラムドッグ$ミリオネア



商品詳細を見る

面白かった。ずっとハラハラ緊張しながら見た。
途中逃げ出したくなるような辛いシーンも結構あった。
だから再び見たいようなタイプの映画ではなかったのだけど、見に行って良かった。

同期のひとりが
「休日何してる?俺何もしてなくてマズいかなって思ってるんだよねー」
なんて話していたので私はどうかなと意識してみたが、
何もしてないというわけではないものの「何か」をしてるわけでもないなあ。
何もしてないって同期の彼はどのレベルで言ってるんだろう。
私はといえば、何らマズさは感じていない。のんきだから^^;





↓ありがとうございます。
スポンサーサイト
2009.04.18

元彼

明日は彼と遊びに行きます。
別れてから会うのは・・・・二回目だ。
別れ話をしたそのときは泣いたり泣きそうになったりもちろん大変だったが
その日の帰り際には次会う約束を普通にしていた私たち。
(ずっとアジェンダに挙がっていた「競馬場デビュー」が未処理だったので
私が会社はじまっちゃう前に行っちゃおうか、という軽いノリで。)
友達数人に、「別れてないじゃん!」と呆れられた。
そういわれても仕方ないけど、自分ではそれほどぐずぐずした気持ちではない。
彼とは、「男と女でしかない」関係ではなかったと思っているので
これからは「良い友達」的な面が残っていって
「男と女だったからこそ踏み込めなかったところ」へも踏み込めたりするのかな?
などとぼんやり思っている。

社会人初の金曜の夜、ぐだぐだの私に彼が電話をくれたとき
「こういうときに頼ってしまうと利用している気分になる」
と言ったら、彼は「なるほど」と言ったあと
「まあちょっと仲良すぎるのかもしれないけど男友達として
サッちゃんのことを気にしていたいのよ」と言ってくれた。
そういうものか、ということにして
特に苦しい思いもせずメールはちょくちょくしている。
明日会ったときにただ楽しいのか、何か考え込んでしまうのか、それはわからない。

男友達といえば、その前に付き合っていた不倫の彼も
入社式の前の日に「明日から社会人だね」というメールをくれた。
お互いの誕生日近辺を中心にメールのやり取りは続いていたから
久しぶりすぎてびっくり!ということはなかったけれど
この節目を気にしていてくれたことに嬉しい驚き。
そんなわけでふたりの”元彼”がちょこちょこ私を心配して
送ってくれるメールに支えられる日々。
こういう状態を、ある本のあるシーンでは
「精神的な”おともだち”がたくさんいる方がよっぽど不健全だわ」
とぐさっとひとこと女友達が指摘するのだ。

会社生活の何が不安って、結局のところ人間関係だなあと思う。
大学だって楽しくなってきたの3年生くらいのときだったし。
もちろん会社に友達つくりに行くわけじゃないけれど
どうも人との間に垣根を作ってしまいがちだから困る。
その垣根の高さと比例するように、
”元彼”みたいな気心知れた人のところに逃げ込みたい気持ちが増してしまう。





↓ありがとうございます。
Posted at 18:27 | 恋のこと | COM(5) |
2009.04.18

目指せ「趣味は読書」

坊っちゃん (岩波文庫)坊っちゃん (岩波文庫)
(1989/05)
夏目 漱石

商品詳細を見る

社会人になって、「闘争心を煽るような熱血物語にふれたい」と思っていたのだが
そう思うようになる前に買っていて読みはじめていた『坊っちゃん』が
図らずも私が求めていたものに近い痛快な物語で、ナイスタイミングだった。
まっすぐまっすぐ、義理人情に篤く。
しかるべきときに坊っちゃんを思い出してはっとしよう。




小さな生活 (ちくま文庫)小さな生活 (ちくま文庫)
(1998/12)
津田 晴美

商品詳細を見る


これ、そう遠くない過去に一度読んだのだけど、なんとなく読み返した。
正直に言うと文章(内容じゃなくて書き方)があまり好きではなくて
そのせいで、読んでいて「いーっ」となることがある。
そのせいか、未消化だわーという読後感が前にはあって、
だから読み直したのだけどやっぱり未消化だわーという感じがした。
でも、また少し経ったら読み直そうとするような気がして
ブックオフ行きの本の山には積めずにいる。
この本とはそんな付き合い。



↓ありがとうございます。
2009.04.18

かわいいひと

先週末の私はずいぶん楽しそうにしてたのねえ。↓ひとつ前の記事によると。
今週は、昨日・一昨日にあった一泊の宿泊研修でだいぶ疲れている。
風邪はそのまえに治っていたので体は元気だけど、気が疲れた。

3月、学生最後のひとり遊びの日に見た映画。

イエスマン “YESイエスマン “YES"は人生のパスワード [DVD]

ジム・キャリー
ゾウイー・デシャネル

商品詳細を見る


冒頭は単純でわかりやすすぎのコメディという感じがして
ちょっと映画館にまで来たことを後悔しそうになったが
ヒロインの可愛さにやられて最後まで楽しく鑑賞。
ノリに慣れてくると笑いどころも素直に笑えた。

ゾウイー・デシャネルという女優さんがたいへんチャーミングだったので
後で検索してみたら音楽活動もしているということがわかり、
アマゾンでさっそく買ってしまった。

Volume OneVolume One
(2008/03/18)
She & Him

商品詳細を見る


飾りっけなくて好きな感じ。
通勤電車で聴いて心を軽くしてます。(ん、ふだん重いのか?)




↓ありがとうございます。
2009.04.11

今日もいい天気

社会人は休日が楽しいな!
ずっとのんびりしているのが好きだったけど、
昼と夜、平日と週末、等々のメリハリがあるこの生活も悪くない。
まだまだ研修中で社会人本番とは言えないかもしれないけれど
どうにかやっていけそうだ。



今日はまた久々に車を運転した。父と日用品の買出しに。
私は自分用に、ホームセンターで鉢植えを買った。
ひとつはもう咲いているなんとかダリアというオレンジ系の色の鉢植え。
もうひとつは、鉢と土と球根を買って、自分で植えた。
オキザリスなんとかというオランダ原産の花。芽、出るかな~。
花を育てるなんて小学生のとき以来だ。まったくの初心者。
模様替えをして、机からベランダが見えるようになったので
そこに花を置きたかったの。これからよろしくね>花ーs

それから、靴磨きをした。
履きまわしていた自分の2足と、父と母の革靴も。
汚れを落として、栄養クリームを塗って、ツヤ出しクリームも塗って、磨く。
磨くとその摩擦熱でツヤ出しクリームの蝋の光沢が出るのだそうだ。
時間をかけて丁寧に磨いた。満足。

うん、いいなあ、休日。
風邪が完治したら完璧なのだけど。




↓ありがとうございます。
Posted at 21:44 | 日々のこと | COM(2) |
2009.04.05

週末

社会人になって初めての週末です。ウィークエンドです。
まだたったの3日出社しただけだけど、 つ か れ た !!
しかも研修室の空調にやられてさっそく風邪を引いてしまって
週末の予定はすっかりキャンセルしてしまった。
相手のある用事については、ほんと申し訳ないの一言です・・・



なかなか衝撃的な3日間だった。思っていた以上に。
簡単に言うと「ピシッとしなきゃいけない」ということだけど
学生から社会人へとガタピシ作りかえられていくのを身をもって感じる。
素直さと、柔軟さと、タフさが求められている。
うちは内定期間中の研修というのがなかったからこの「叩き直し」には目が覚める思いだ。
でも、会社によって方針はあろうが、
内定期間中には事務的手続き以外はある意味ほっといてくれて良かったかな、と思う。

それから、同期の絆は大事だと耳タコなくらい言われるけど
正直、始めは「つるむの好きじゃないし~」なんてさらっと考えていた。
けれども、友達を作るのも仕事のうちなのだな、とだんだん気づいてきた。
その言い方はずいぶん味気なく聞こえもするが、そうではないんだ。
まだうまく言葉にはできないけど、でも良いことに気づいた。大丈夫。

3日目には社長から全社員へ向けた経営方針説明会があり、みんなで参加した。
寝ている社員は多かったが、私は研修より面白くってギンギン起きていた。
会社の経営ってそういうことをそういうふうに整理してそうやって考えるのか~と。
会社ってきっと、ご飯を食べるというのっぴきならぬ?目的を持った共同体で
だからこそできることというのがあるのだな!と思い
面白い世界に入ることができたんだ、とひとり場違いに燃えていた。
(でも午後の研修は睡魔に襲われ戦っているところを多くの人に目撃され
恥ずかしかった。そしてそれ以上に話を聞き漏らすと自分が困る。)


3日間の研修はショックを受けつつも希望も見出し、なんとか切り抜けたが
この日はそのあと配属先での新歓&レク大会があって
これでもう、宴会苦手~><な私はすっかり参ってしまった。
私、「絡む」と「いじる」というふたつの、いわば今風?な動詞が大の苦手である。
絡み絡まれる、いじりいじられる、というコミュニケーションを
そんなに楽しいと思えないのだ。相手にも寄るかもしれないけど。
もっと愚直に「話す」でいいじゃん!と思う。
しかしこれまでは苦手な場所には近寄らなければよかったが今後はそうはいかない。
あ~先が思いやられるなあ、しかも風邪だしとぐじゃぐじゃになっていた帰り道
彼からメール。(といっても、別れてからもメールは変わらずしている。)
愚痴ききたいなあ、電車降りたら電話して、と言われるままに電話をした。
えっ結局今彼とどういう関係なのよ、という話は別トピックなのでまた今度。
電話で話すうちにいろんな感情スイッチが刺激されぼろぼろ泣いてしまった。
社会人初めての金曜の夜に泣いてるなんて、どこの弱虫女だよ~
自分で自分に呆れつつも、
今日のこのつらさを絶対忘れずにいよう、と思った。
自分のためにも、自分のあとにこういう思いをするかもしれない人のためにも。
彼もさ、入社13年目だって。そりゃ大人だよね~。なんて今更違う視点で見直したり。


そして昨日、土曜日は朝起きたら気持ちは案外すっきり。
でも体は完全に風邪っぴき。これもありがちで情けない。苦笑するしかない。
家族が出払っていたので、静かな家の中でまずは3日間のまとめをした。
ミサイル報道に翻弄されながらまとめた、その成果を発表。

☆長期的に眺めて
 なりたいイメージ、やってみたいこと、面白そうなこと、あるでしょう?
 それがあるから大丈夫!
 公私どちらにおいてもそれを描いて、ちらちら見直すこと。

☆そのために、だからまずは
 一生懸命がむしゃらに!
 素直に、でも自分らしく(しかできないからね)
 礼儀正しく、常に気配り、でもリラックス(疲れちゃうもん)
 (落ち込んだときほど)明るく元気に挨拶して気合を入れる/見せる
 体調管理(・・・・・・)
 ストレス発散、日ごろのリラックスを上手に
 ひとりでためこまない
 仲間は大事だ
 
☆その他つぶやき
 これまで私、誰かにしごかれたことってないなあ。
 10年だの13年だの、長いもん。焦らない。敬意。
 「まったり」「アンニュイ」ではなく闘争心を駆り立たせられるような熱血物語に触れたい

書いてみると月並みな言葉でがっかりしちゃうけど
自分の口から月並みな言葉が出た瞬間こそ何かを理解した時、近づいた時だ、とも思う。
とりあえず買い足さずに済むからNARUTOを読み返すか。
マンガって買いだすと場所とるのよねえ・・・。
でもスラムダンクを読んでみたい。

それから昨日は、部屋の模様替えもほぼ完了させることができた。
もう大きな家具移動は終わっていたので、小物整理をしたのだけど
愛着ある品々をすっきりごちゃごちゃ配置でき、なかなか快適になりました。
ゴミを廊下に出しっぱなしなので、正しく処分するという仕事が残っているけど。
ラジオをつけながら作業をしたのだけど、ラジオって面白いのね。
こんな素敵なメディアを今まで使わずにいたとは。いやいやこれからだ。

今日は、前に材料と作り方を教えてもらったチェー(ベトナム風ぜんざい、だそう)を作った。
まだ研究・改善の余地はあるが、そのときはまた毒見に付き合ってもいいと
大学生になった妹が言ってくれたので、またきっと作る。
荒れた喉にミルクと蜂蜜が優しかった。

ずいぶん長くなってしまった!読んでくださった方、ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。