--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.27

Goodday, Sunshine

『サンシャインクリーニング』
初・会社帰りに映画。
姉妹の描き方が、姉妹の片割れとしては、とても好きだと思った。
特に妹が気になって気に入ってしまったのは自分の妹と重なるからか?
ちょっとやさぐれててふてくされててアングラっぽくて化粧が濃い。
純真さや従順さや情愛深さはちょい見せ。
姉も、しっかりしているようで、本当は必死にしっかりしている。
自分の隣には誰もいないんじゃないかと思ったとき、
家族の存在は非常に大きい。
なんつって、家族がいたって「誰もいない」と感じることは多々あるのだけど
でもこの映画を見てると、家族パワーを再確認させられる思いになった。
そして人生なかなかうまくいかないね。
でもそれが愛すべき人生。



かもめ食堂 [DVD]かもめ食堂
(2006/09/27)
小林聡美
片桐はいり
もたいまさこ

商品詳細を見る

前にも一度見たのだけど、そのときよりもじっくり味わえた感じ。
合気道をやりたくなった。
水泳の方が現実的か。
サチエさん、ミドリさん、マサコさん、どの女性も魅力的なのだけど
しかしサチエさんのあのさっぱり感には
私はたどり着けないだろうな、と思う。
憧れではあるが、「目指したくなる」憧れとは少し違う。
もうひとつ思ったのは、ああやって下の名前で○○さんと呼び合う関係って
いつか築いてみたい。
ああいう大人の友達関係のような出会いを私は信じている。
先輩後輩とか、年上年下とか、そういうことは遠くに行ってしまって
お互い個であり、対等であり、近くも遠くもなく、
何かを及ぼしあうけれど立っている場所は変わらない。




『アクロス・ザ・ユニバース』も再鑑賞。
やっぱり好きだ。





↓ありがとうございます。
スポンサーサイト
2009.07.26

おでかけ土曜日

ここのところ、週末は人と会うか家にこもるかだったので
ひとりでお出かけする休日はひさしぶりだった。

平日のいつだかに取り寄せ注文していた本を受け取りに本屋へ寄ってから
ついに英会話教室の申し込みへ。
レッスンはまだこれからだけど、とりあえず一歩目は踏み出した。

母校(高校)エリアだったのでさっさと帰るのもつまらなくて
うろうろ無駄に歩き回って喫茶店(「カフェ」でなくて)に寄ってから電車に。

隣町で降りてちょっと買い物。
最近すごく「お買い物」がしたい!!という衝動を抱えているのだけど
平日の会社帰りはなんだか疲れてしまっていまいち体がついていかない。
肩こりがひどいのだ。整体行かなきゃ。
ついでにいうと月経不順もひどいので、婦人科に行くという課題もある。

話を戻すが、今日は荷物も軽かったし時間にも余裕があったので
本やら雑貨やらを見て欲しいもの吟味して買って帰った。やや満足。
服は今セールの時期なのに、あまり食指が動かない。
今買えば安いのに・・・欲しくないわけじゃないのだが、
服については「吟味」するのが面倒な気分なのだ。残念。

帰宅してから犬の散歩に出かけたら
近所の丘になっているあたりで遠くの花火が見えた。
そういえば電車で浴衣姿の女の子がたくさんいたっけ。
知らないおじさんと無言で並んでしばし花火鑑賞。

彼は来月からいよいよ本当に転勤になる。
それでもしばらくは東京に用事があってちょこちょこ戻ってくるらしい。
結局ほぼ週1のペースで、何するかはともかく会い続けていたような・・・・。
婚期逃がすよ、と友達に言われてしまった。





↓ありがとうございます。
Posted at 02:54 | 日々のこと | COM(0) |
2009.07.20

60年代へようこそ

博士の異常な愛情 [DVD]博士の異常な愛情
(2002/11/01)
ピーター・セラーズ
ジョージ・C・スコット

商品詳細を見る


おもしろかった。
「核戦争を風刺したブラックコメディ」という説明を読んで、見たわけだが
はじめのうちは「ユーモア」程度だった笑いの要素が
終盤で突如「ブラックコメディとはこういうことか!」という学びに変わった。
少佐の最期のシーン、、、、、笑えるけど怖いけど笑える、けど怖い。
LPレコードでサントラを聴いていたい。
人物描写が巧みだ。



ヘアスプレヘアスプレー
(2009/06/19)
ジョン・トラヴォルタ
ミシェル・ファイファー

商品詳細を見る

「60年代へようこそ!」というフレーズが
『アクロス・ザ・ユニバース』を見たときのことを思い出させた。
オバマさん就任演説の鳥肌も少し蘇る。
あ、『博士の異常な愛情』も60年代の話だ。
なーんて言いつつ映画自体はミュージカルだし単純で楽しい。
ジョン・トラボルタ×クリストファー・ウォーケン夫婦、良い。
ペニー役の子がかわいい。チュッパチャップス。
黒人の音楽/白人の音楽について要勉強。
サントラを聴いてガンガン歌いたい。




↓ありがとうございます。

2009.07.18

お泊まり

大学の友達のうちにお泊まり。
待ち合わせ場所が昔習っていたピアノ教室の近くだったので
余り時間でついでに先生に会いに行った。
会社からは遠くてなかなかふらっとは行けないので、良い機会だった。
久々にお会いすると、やっぱりなんだかお年を召されたなあと感じる。
サチ子ちゃんはふっくらしたわね、と言われた\(^o^)/
肩こりがつらいと言ったら、ピアノを弾かなくなったせいと診断された。

友達ふたりと合流して、お酒と食べ物を買う。
40歳バツイチ独身とのはっきりしない関係に悶々としているTと
数年来の彼氏と一昨日別れたばかり(なのに近々ディズニーシーに二人でいくらしい)
(ちなみにその彼と別れたのも三回目)のKと
3月に不倫の彼と別れたはずなのに元通り同然みたいな私。
ドキドキする恋がしたい!!と夜中に声をそろえて叫んだ。
…なんて、書いてみるとどこかのドラマみたいだ。

このふたりといるときの私はのびのびにのびきっていられる。
私のことも、同期やバイト仲間が言うように「かっこいい」「姉御キャラ」ではなく
「かわいい」「彼女にしたい」っていう方向で評してくれる。
それだけ心のままに甘えていられてるということだ。恋人といるときみたいに。
彼も、姉御なんて言われてる私はイメージ湧かないと言ってたけど、
多分このメンバーでいるときの私なら彼の知っている私により近いのだろうなと思う。
幸せに感謝。





↓ありがとうございます。
Posted at 16:58 | 日々のこと | COM(5) |
2009.07.17

しゅみ

興味あること。

1、ガンダム
就職してから、周りにガンダムを熱く語る人が世代性別問わず急増した。
初めは興味なかったけど最近はちょっとくらい見てみようかなと思っている。

2、プラモデル
ガンダムからの連想ではあるがガンプラでなくても良い。
プラモデルを作る作業は前からやってみたかった。
もしガンダムを見始めてはまってしまったらまた話は変わるが
今のところガンプラを作りたいとは思っても飾りたいとは思えない。
飾ることを考えたら、そうだなあ、グラントリノがあったらいいな。

3、弓道
運動嫌いで運動不足の私が惹かれるスポーツって何だろう、と考えた結果これ。
しかしかつてヨガにも興味を持ったが始めていない。
華道もそうだけど、道のつくものは触れてみたい。書道、茶道。柔道。

4、着付け
せっかく作ってもらった着物を学部の卒業式以来着ていない。
夏になると浴衣が流行るが、私は中身が伴ってないのを感じてあまり気が進まない。
スーツもそうだけど、その服装に対してふさわしい着る人の態度や姿勢があって
それがその人に備わってないとどこか格好悪さが出てしまうように思う。
そこいらの美意識に対して、少なくとも敏感でありたい。

5、整体
肩こりがひどくて。
マッサージは極楽だけど、根本的解決により近いのは整体かなと思う。
バキバキ痛いのかな。

6、英会話
ついに始めるんだから。そればっかり言ってる気がするけど。



軽い気持ちで入部した華道部だったが
どうやら社内じゃかなり由緒ある部のようで、
初代社長で部の創設者で輝かしい功績の持ち主であるおじいちゃんと
酒を酌み交わしたりした。
部の制度もしっかりしているようだし部員の皆さんもまじめそうな方ばかり。
華「道」部であり「お稽古事」なんだなあ。
思いがけず濃密なコミュニティーの一員となったっぽいことを感じた。





↓ありがとうございます。
Posted at 19:59 | 日々のこと | COM(0) |
2009.07.10

step by step

夏が、一歩一歩近づいてきている。


会社では、組織編成に伴って席替え。
これまで新人だけで固まった座席だったのが
今週から先輩や上司に囲まれたチームごとの席になった。
緊張度が増すのかなと思っていたが
逆にちょっとしたきっかけがいろんな会話につながったりして、楽しい。
なにか困ったときもすぐ相談できて心強い。
会社生活はまずまずだ。


肩と首がカチカチに凝り固まってしまっていてつらいので
会社帰りにマッサージ屋さんに行ってきた。
プロにやってもらうのは初めて。
施術中は本当に気持ちよかった!
けど、終わったあとは相変わらず凝り感が残っている。
「楽になった~」、というのを想像していたのだけどな。
しかしとにかくはじめの一歩は踏み出したことなので
マッサージのフィールドもこれから切り開いていこうっと。


今はまだ読みかけだが、津田晴美のエッセイ2冊目に手をつけた。
その影響で、旅行がしたくなり、料理がしたくなり、シーツを買いたくなっている。
調べてみたいこと、実践してみたいことがどんどん増える。
確かタイの旅行記はとちゅうだったような気がするから
時間と気分の都合が合えばそれも更新したいなあ。
今は週末に定期的に用事があるのだけど今月でそれも終わるかもしれない。
そうしたら英会話レッスン始めてみたいなあ。




↓ありがとうございます。
2009.07.08

punchline

文房具56話 (ちくま文庫)文房具56話 (ちくま文庫)
(2001/01)
串田 孫一

商品詳細を見る


私は話にオチがないとよく言われるので
オチしか求められていないような場では大人しくしているのだが、
この本は56の文具エッセイ集で、文章にオチがない。
淡々と語りたいことを語って、さっと終わる。媚びない。
話によってメランコリックだったり蘊蓄っぽかったり回顧録っぽかったりする
ムラのある感じもなんか好き。
仕事道具としてであれ日常道具としてであれ
日頃お世話になっている文房具の由来や製造法に対する探究心は見習いたい。
文房具でなくてもね、そういう敬意と向学心って大事だと思う。





↓ありがとうございます。
2009.07.06

食べた食べた

食に関するカテゴリを作っちゃおうかしら。
と思うくらい、就職してから食生活が充実している私です。

昨日はエジプト料理の店へ。
といってもわりと雰囲気だけで、料理はかなり日本人向けにアレンジされている。
本格志向の人にはおすすめしないけれど、
なんとなく楽しくてわくわくして美味しければよい!派の私は気に入った。
演出の仕方が似ているア○ビアンロックなんかよりずっとずっと美味しい。
絶対本場の味じゃない、と私にもわかるくらいの食べやすさだったが
つまるところ美味しかったのだ。

今日は大学の友達とフレンチディナー!
意味もなく贅沢してしまった。3000円。ランチは2000円らしい。
職場のすぐ近くだったので、これまた誰か連れてこれる。
いつか親も連れてこよう。
美味しかったし、盛り付けや器に目を奪われた。
記念として料理の写真を撮ることはよくあるけれど
うわ!きれい!と思って写真を撮りたくなったのは初めてに近いかも。
(カメラ持ってなかったので撮らなかったけど。)

会社では今日やっと名刺を作成してもらって、手に入れた。
さっそくその友達に渡したら
「その浮かれよう、新入社員って感じだね」と笑われた。
今年度になってから彼女と食事をするのは2度目。
今度も随時開催しよう、という思いを込めて
ふたりしかいないのにMLを作ろう、という話に(笑)。
実際つくるかどうかはともかく、そうするとなんか「結成」っぽいじゃないですか。
ふたりとも5月生まれなので、「五月女(さおとめ)の会」と命名。
美味しいディナーを求めて今後もさすらいます。




↓ありがとうございます。
Posted at 22:54 | 日々のこと | COM(0) |
2009.07.04

騒がしい一週間

今週はなんだかスペシャルな一週間だった。

土曜は彼とみなとみらい。
気持ち的には、前と同じにすっかり戻ってしまった、ということはないのだけど
傍目にはカップルそのものだってことは否定しない。
自分としてはそれほど悩ましくないからまあいいか。

日曜は友達と横浜中華街。
ご飯を食べ、見つけた酒屋で「美和桜」を買い、手相を見てもらったりして遊んだ。
手相は友達と一緒に見てもらうと違いがわかって面白い。
ふたりとも自分らしい仕事に就いているとそれぞれ言ってもらえて、
私は勇気付けられた。
恋のチャンスはまだまだあるから若いうちからあせりすぎるなと言われた。よし。

月曜は、まさかの女優デビュー☆
というのは大げさだが、うちの部署の製品のプロモーション映像に出演した(笑)
TV番組の制作をしているような会社の人たちと
モデルさんや俳優さんたちといっしょにスタジオで撮影に参加したのだ。
同期4人でエキストラ出演と言われていたので、背景のモブ程度だと思っていたが
意外といろんな動きをさせられ顔も全身も全員がっつり撮られた。
とっても楽しかったが、出来上がってみたら映ってなかったりしてね^^;
完成が楽しみ。

火曜はふつうに仕事をしたが、7月に大きな組織編制があって
異動してしまう人はこの日が最後だったため、
新人君たちこれ読みたまえ、といろんな人からいろんな本をもらったり
短い間でしたが、と挨拶したり、それなりにバタバタ。
まだ配属されて一ヶ月なのに、部署の体制が変わってしまうのが寂しい。
けっこう好きだったのに。そう思えてることはめでたい。

水曜は新体制でのキックオフ。総会やら飲み会やら。
上司や先輩の漏らす言葉を聞いていると
いろいろ政治的なしがらみやら軋轢やら摩擦やら確執やらがあるんだなーと感じる。
大人の世界だ。
大きな飲み会でかったるい思いもしたが
怖いと思っていた上司と楽しく話せたりもした。えいえいおー。

木曜は午後休の日だったので、霧雨のなか同期とディズニーシーへ。
絶叫系ばっちこいの女子が、Gがだめなふたりと回転がだめなひとりを連れまわし
ひととおり乗った。

金曜は想定外ながら会社帰りに同期4人で桜木町のコスモワールドへ。
またもやアトラクションに乗って横浜の夜を満喫。
近くの回転寿司屋で食事して、帰宅。
同期とは連日いっしょに過ごしすぎで、自分たちもびっくり。
新人だけでの研修の間はほとんど絡みのなかった4人だが
配属後ずーっと一緒にいても不思議と楽しい。
学部卒男女院卒男女各一名ずつ、
血液型もA、B、O、AB全4種そろっていて
出身地も東京、神奈川、千葉、埼玉と近いのに4県そろってる。




↓ありがとうございます。
Posted at 12:58 | 日々のこと | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。