--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.24

「オオカミ」

このごろ神話に興味があります。
きっかけはゼミの先生に去年言われた言葉。

「西洋の思想に基づいた学問してるんだからギリシャ神話くらい知っていなさい。」

ごもっともです。
と思ってからもうずいぶん経つけど
たとえば『全訳・ホメーロス詩集』的な本ってとても読みにくそうだし
阿刀田高『ギリシア神話を知っていますか』 (新潮文庫)は昔読んだことがあるのですが
読んだことあるくせに忘れているというのがシャクなのと
相当読みやすく軽いタッチで書かれていた記憶があって
今そこまでライトに接したいわけでもないというわがまま極まりない理由から
どうしても食指が動かず、気になってはいながら読まずにきていました。
が、たまたまうちの母の本棚に山室静『ギリシャ神話―付北欧神話』を見つけ
読んでみたらふんふん面白く進んで終わりまで行けてしまいました。

山室静といえばトーベ・ヤンソンの作品の訳者、という認識で私はいましたが
そんなこともあって北欧神話も短いけれど後ろについていました。
(あとがきによると、ギリシャ神話の本となると自分より詳しい方がいるから
自分の出る幕ではない、とはじめは執筆に乗り気ではなかったそうですが
北欧神話も、となれば自分もいくらか語れることがあるということで
めでたく執筆・出版の運びとなったのだそうです。)
そちらも楽しく読み進められ、神話っておもしろいなあ、と味をしめた私。
そもそも先生が「知っていなさい」とおっしゃったのは
西洋の思想家の話の根底に流れているのがギリシャ神話であったり
実際よく論文の中にも表現として神様やら英雄やらの名前が出てきたりするからで
知識として知っていないとそれらを理解できないということなのですが、
こんなさっくりと文庫本一冊読むだけで
ちょっと教養がついたような錯覚に陥ることができる、というのも
「神話を読むのがおもしろい」理由のひとつだったりします。

インドの神様は?中国は?と考えているうちに、ふと
あれ、日本の神話って?ということに思い至りました。
高校の古典の時間に古事記だか日本書紀だかは読みましたが
あまり熱心に授業を受けていなかったからほとんど覚えていない・・・。
それ以外に、たとえば子どもの本などで神話を教えられたような記憶もないし
日本で「神話」というと、天皇制とかそういうきな臭い連想が先に浮かんでしまう。
「西洋思想の根底に流れている」と先生がおっしゃったのと同じような意味で
日本で言える「神話」ってあるの?
少なくとも私の中に息づいている神話は、せいぜい

大神(OKAMI)大神(OKAMI)
(2006/04/20)
PlayStation2

商品詳細を見る


なんですけど。
(しかしこれは素敵なゲームです。楽しかった。)

というわけで、図書館で日本神話っぽい本を探して今読んでいるのが

日本神話と古代国家 (講談社学術文庫)日本神話と古代国家 (講談社学術文庫)
(1990/06)
直木 孝次郎

商品詳細を見る


めちゃめちゃ吟味して選んだとか、誰かに薦められたとかいうわけではないので
一般的にどういう評価を受けている文献なのかは存じませんが
意外と興味深く、難しすぎることもなく、ふんふん読めています。
神話そのものでも神話ガイドでもない、歴史研究の成果の本なので
研究素材である神話自体については他のものを読まないとわからないまま。
でも先にこっちを読むことができて良かったようにも思います。

にしても、例えば「出雲大社」って言葉は知っていても物語は知らない私って
やばいのかな??一般常識ですか?
感覚としてはそういう神話よりも、
おじいさんとおばあさんが住んでいて子宝に恵まれず・・・とか
うそつきじじいやよくばりばばあは鬼に食われるとか
そっちのほうが、人々の心に深く根付いている物語体系という意味では
日本ではあてはまっているような気がする。




↓ありがとうございます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
きょうはどうもでした^^

ギリシャ神話だと岩波文庫で野上弥生子が翻訳したのが結構シンプルにまとまっていた気がします。しかも序文があの夏目漱石!

日本の神話は昔古事記のジュニア版を読んだなぁ。
イザナギとイザナミとか・・・ね。

Posted by りりー at 2008.05.24 20:12 | 編集
◆りりーさん

どうもです^^

岩波文庫は思いつきはしたんですが、
あまりにマジメそうでちょっと避けていました^^;
でも序文だけ立ち読みしておこうかな。
夏目漱石と聞いてはやはり気になりますね。

日本の神話はなんとなく名前を知っている程度なんです。
母の持ち物なんですが、あの川端康成編の少年少女世界名作文学全集
というような名前の50巻セットくらいの古い本があって
母はやはりそれを読んだらしいので
同じくジュニア版だけど見てみようかなと思っています。
Posted by サチ子 at 2008.05.24 23:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。