FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.12

「勝ち馬は諦めない」

DVD鑑賞。

『パッチギ』
今度は思っていたとおりのパッチギ。
これは彼に前 すごくいいよ って勧められてたのだけど
なんだかあまりピンと来ませんでした。
でも 私の歴史に対する認識が甘いせいかもしれない。ううむ。
痛いシーンはいや って思っちゃうけど
実際ああいうことあったのか と思うと
いや って目を背けてばかりもいられない。



リトル・ミス・サンシャインリトル・ミス・サンシャイン
(2007/06/02)
アビゲイル・ブレスリン
グレッグ・キニア

商品詳細を見る

面白かったのでアマゾンリンク。
負け犬ってのは、負けを恐れて挑戦をしないやつのことだ。
お前は違うだろ?
――色と薬が生きがいのおじいちゃん、いいこと言います。
最初イメージ悪かった登場人物たちが皆
映画が終わる頃には好きになっている。


今日になってまた、思いがけない方から「修論どう?」と
心配&情報提供のメールが届いた。
研究者の方々のこういうフラットな優しさが好きです。
「優しさ」というか、研究者にとっては情報交換が生命線だし
お互いの研究の発展が学問全体の発展につながるという意識も
持っているのだろうなと思うので
後輩に対する「優しさ」とか「親切」とか「善意」とかいうより
こんなのあったよと教えあうのが文化なのだと思う。
でも私は勉強不足のなんちゃって院生なので
学問の発展に貢献するとはちょっと思えないけれど
それでも私を覚えておいて気にかけていただけて嬉しい。
恐縮するくらいならきちんと研究を形にしなければ。





↓ありがとうございます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。