--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.02

「いくつの名前を持っているの?」

『ハウルの動く城』 私は大学の学部生のとき映画館で観ました。
映像と音楽が美しい というのは感じたけれど
ストーリーについてはなんだか理解できなかったというのが本音。
でもひとつだけ 印象に残った会話がある。

ソフィ「ハウル、あなた一体いくつの名前を持っているの?」
ハウル「自由に生きるのに必要なだけ」

その頃、私は出会い系のチャットに出入りするようになってました。
ブログに興味を持って、ひっそり始めたのもだいたいこの時期。
友達関係がことごとくうまくいかなくて
思ったことをなんでも吐き出せる場所が欲しかったのだ。
周りの人に相談するのではなくて
見知らぬ誰かに聞いてほしくて 優しくしてもらいたくて
次々と新しい名前を名乗って PC越しに人と話した。

19や20の女の子に PCの向こうの男の人たちは優しい。
ちょっとでも怖いと思ったら 逃げるのは簡単だった。
フリーのアドレスを使って 長期的にメール交換した人もいる。
実際に会った人もいる。特別危ない目には合わなかった。

まったく知らない人たちと うその名前で語り合うのは
とても自由なことに思えた。
過去の/学校での/家での・・・どの私からも自由で
思ったとおりを言おうが 真っ赤な嘘を話そうが
誰にもわからないし お互いにあまり影響もない。

そして実際に私の周りにいる人たちには
慎重になって 話すことと話せないことを選り分ける。
不自由だと思った。

私がしていることは ハウルと一緒なのかな?
映画を観てひっかかったのはそこでした。
私は本当に 全体的にあの映画はよくわからなかったし
見直してないし 原作も(買ったくせに)読んでいないので
ただなんとなく 思うだけなのですが
ハウルがたくさんの名前持っていることは
彼の弱さ であるように感じた。

私 いつかこんなことはやめて 自分のただひとつの名前で
ただ一体の私として ここに在れますように
って そのときぼんやりと誓ったような気がする。



オンライン上で に過ぎませんが ひとつながりの私 試験運用。


スポンサーサイト

この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2008.01.02 21:22 | 編集
●鍵コメさん

はじめまして。
こんなふうにコメントを頂けるなんて思ってもいなかったので
とても嬉しい&ドキドキです♪
ぜひまたお越しくださいね。
私も少しずつ読ませていただいております^^
Posted by サチ子 at 2008.01.03 00:14 | 編集
サチ子さん。初めまして。
前のブログからファンで密かに読んでおりました。(密かにってか、かなりがっつり足跡とか残ってそうですが)
サチ子さんの書く文章が、深くて切なくて、きゅーんとなりながらいつも読んでました。
ブログお引越しおめでとうございます!ってことで、思い切ってコメントしてみました。
これからもちょくちょくお邪魔しますが、よろしくですー。
Posted by しおん at 2008.01.03 03:25 | 編集
●しおんさん

初めまして。
以前から読んで下さっていたようでありがとうございます♪
最近は彼とのことを考えて切なくなることも少ない、というか
切なくなっている暇があったら日々の実になることをせねば、
という感じであるのも、リニューアルの理由のひとつです^^;
デートが楽しかったー って話ばかりになりそうで。

ぜひまたお越しくださいね^^ こちらこそよろしくです。
Posted by サチ子 at 2008.01.03 10:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。