FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.31

昨日のこと

昨日のバイトは新人研修にあたったため、
ひとりで考え事をするような時間はありませんでした。
新人研修といってももう最終段階の方だったので
「極力口出しをしないで見守る」というのが私の主な役目。

他の人の仕事の様子を見ているといろいろと勉強になる。
その新人さんはとても丁寧にゆっくりお話をする。
お年寄りの方なんかにはとてもよいと思ったけれど
さっさと終わらせたいというお客さんだったら
イライラしてしまうんじゃないかしら、と聞いていて思った。
当然慣れていないせいもあって、同じこと2回言うこともあるし。

かけてきたお客さんの口調から
「私だったらそこは手短にするのに」と思うところを丁寧にやり
私が聞く限り、お客さんちょっとイラついてきてる気がして
聞いてる私がはらはらするけどずっと同じ調子で・・・
う~む、と思ってしまうのだけど
不思議なことに次第に電話全体が彼女ペースになってくるのだ。
最初早口で、急かすように短い返事をするばかりだったお客さんも
最後に彼女が「お電話、ありがとうございました。」と言うと
「はい、こちらこそ、どうもありがとうございました。」
みたいなペースになっている。おそれいりました。

せっかちなのは私か!
真似してみたいけど、でもすぐにはできない気がするな~。

でも一応私が指導にあたったわけなので
「お客さんの時間を頂いているわけだから
短縮できるところは短縮するということも考えるべき」
と私なりの意見は言っておきました。

思い返すと私が新人研修を受けたときは
「元気がない」ということを一番注意されました。
「バカになれ」とまで言われたことがあり
元気ってそういう元気なの・・・?と戸惑ったりもしました。
研修を終われるかどうかのチェックをしてくれるのは
指導にあたる先輩ではなくて社員さんが聞いてくれます。
合格が出たとき、
「最後に◇◇さん(先輩)からコメントはありますか?」
「やはり元気が・・・」ということを言われたのですが
そのとき社員さんは
「確かに溌剌!ってわけではないけれど
冷静で安定しているし、それはそれで個性です」
と言ってくれて安心したものです。
ゆっくりなのも個性だし、ちゃっちゃとやるのも個性なのかな。



一昨日の夜は、彼は飲み会があったようでしたが
私がいかにもかまって欲しげなメールを送っていたので連絡をくれて
電話もできました。
私がだらだら喋り、彼も熱く語ってくれたので
思いのほか長電話になってしまった。
昨日の記事はそのときの話を経て思ったことでもある。
そして昨夜は、次のデートのことで彼からメールが来た。
夕方まではゆったり時間がとれそうなようです。
「今のサッちゃんだったら
映画を2時間観たりなんとかランドに行ったりするより
のんびりと もういいよ ってくらい話でもするほうが
いいのかなあ、なんて思ってるのよ」と言っていた。
そう、確かに時間を気にせず話したいのだけど
私はなんとなく 山登り がしたい。
山登りなら登りながら喋り放題だし。でも寒いからいまいちね。
そう言ってる間に花粉の季節が来てそして暑くなっていくんだろうな。

夏に一緒に行った映画館で見た予告編の映画が
もうすぐロードショーってポスターを見かけた。
面白そうだね、一緒に観に来ようか って彼がささやいたあの時
そんな先の約束するなんて って怖くなったのを覚えている。
その 先 がもうすぐそこだ。
どんどん時は過ぎていくなあ。

スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。