--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.02

おひとりさま

ここでブログを書くようになって一ヶ月が経ちました。
カウンターはつけておりませんがアクセス解析はしています。
一丁前なことに意外とランキングから来て下さる方も多いようですが
そういった 一見さん を引き止める何かが足りていない!みたい。
トップの記事とか、プロフィールとか、ブログ説明とか
そういうよく見えるところを工夫しないと
なかなか読者数アップ↑↑にはつながらないのだろうなあ。
仮に、記事を全部読んでみたら面白いこと間違いなし!だとしても
まずは読んでみてもらえないと始まらない。

就活もいっしょだよなー、と思う。
採用してからの3年だか5年だか忘れましたが
その期間は教育&成長の期間ということで赤字あるいは横ばい
企業の収益につながる働きをその人ができるかどうかの分岐点は
その3年目だか5年目だかである という話を聞いたことがある。

そりゃああなた私のこと3年もお使いになれば
私の有能さはとっくりとわかっていただけてよ、っていうのが
仮に真実だとしても、
まずは 使ってみよう と思ってもらえないと 始まらない。
そんなのあなた私とちょっとお話ししていただければ
あふれる知性に気付かないわけはなくってよ、っていうのが
仮に真実だとしても、
そのためには ちょっと会ってみよう と思ってもらわないといけない。
だから、そう思わせるようなエントリーシートを書かなくてはいけない。

話が逸れましたが、そういう時期なので、どうしてもそういう話題です。
話が逸れたというよりブログの話が枕だったという方が正しいのかも。
でもね、どちらについてもそうだけど
嘘の宣伝文句を書くわけにはいかないのだし
特に突出したものがあるわけでもないのだから
なにかこう、滲み出るもので惹きつけられたらいいなと思うのです。
なーんてそんな甘くないかー。あひゃひゃ。

昨日は連ちゃんスーツな日々がとりあえず終わったので
スーツのままひとりカラオケで1時間半歌って帰りました。
気持ちよかった~。
ひとりdeカラオケは卒論提出日に初挑戦して以来
結構気に入って何度かやっています。
運が悪いと、男子中学生みたいな一群に見つかって
変な女がいる!的な楽しそうな笑顔で覗きをされたりするけど
この日はそんなこともなく、思いっきり発散できた。
うちに帰ってからもつかの間の開放感に浸りながら
アマゾンで届いていた研究書を解読。。。。
そして今日は午前中バイトに行き
明日のデートに備え、エントリーシート一枚書き終えるべく
このウィンドウの裏でワードを開いているというわけです。
来週は今週よりもっときつい予定なので、頑張らないとなあ!

スポンサーサイト

この記事へのコメント
最初の彼の頃から、ブログ読ませていただいております。
素直な気持ちを綴った言葉がすごく素敵なブログですね。

私は四大卒で社会人二年生なので、サチコさんとは同い年かも知れません。

就職活動頑張って下さい。

お役にたつかどうかわかりませんが、アドバイスをひとつ。

きっと同級生でも就活中の人、落ちた人、もう内定した人、がいると思います。

落ちた人は愚痴や文句とか、「○○だから落ちた」とかマイナスの情報をたくさんくれます。

内定した人は自慢とか嫌味っぽくとられかねないのであまり喋りません。でも内定した人の話の方がめちゃめちゃ参考になります。

「○○したら落ちた」より、「○○したら受かった」みたいなプラスの話を聞いたほうが絶対参考になります!


長々と失礼しました。
私も就活は本当に辛かったです。(涙)

恋愛は頑張ってもどーにもならないことがありますが、就活は頑張ったら絶対良いことがあるので。

恋も就活も応援してます☆
Posted by カナ at 2008.02.04 02:46 | 編集
◆カナさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
ずいぶん長いこと読んで頂いていたようで嬉しいです^^
が、同時になんだか恥ずかしさも感じます^^;

最近めっきり就活日記と化していますがエールをありがとうございます。
周りはやはり研究者を目指して進学予定の人が多くて
就活をしている友人は少ないのですが
内定とれたと聞く想像をしただけで、焦る自分がありありと浮かびます…。
そういうときはカナさんの言葉を思い出して
何が決め手だったと思う?と聞いて気持ちを切り替えようと思います!
がんばりますー…

良かったらこれからもまた読みに来て下さいね^^
Posted by サチ子 at 2008.02.04 12:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。