--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.19

今年度最後のデート

ノラ・ジョーンズの表紙に惹かれてビッグイシューを買いました。
(以前ビッグイシューについて書いたのはこちら
彼女、映画に出るそうですね。観たいなあ。
今号で面白かったのは「言葉」についての特集にあった短歌の手ほどき。
私、ブログでだらだら書いているようなことを31字でさらっと詠めたら
どんなに素敵かとかねてより思っていました。
そんなたった1、2行でそれくらいのことを表しうるのが
短歌のすごいところ、というかすごい歌人の技なんだと思うのです。
むか~しの人の日記みたいに歌を混ぜて書いてみたいなあ!
写真を載せない代わりに挑戦してみようかな、なんて思ってます。そのうち。

さて、昨日のことですが
最近は一時期のように週に2回会えたりしていないので
久しぶりっぽいけど前いつだったっけ?という話にいつもなります。
ふたりともなかなか思い出せず
「あそこであれ食べた日かなあ?」
「え、それ何だっけ?」
「あれだよー、あそこのレストラン」
「レストラン・・・ああ!え~あれずいぶん前じゃない?」
などとちゅうしながらしゃべりました。ちなみに思い出せてない方が私。
でも正解を思い出したのも私でした。
後ろ向きでしているときに思い出して
そのまま体勢が変わって向かい合わせになったときに言いました。
展覧会のときだ^^」
あの日生理でホテルには行かなかったから…とは言わなかったけど
セックスするのが久しぶりなんだなって思いながら。

就活の話やイチゴ狩りの話、最近みた映画の話をしました。
学部生のころ就活をしかけてやっぱりやめた話なんかも(初めてじゃないけど)しました。
力を入れて取り組んだこととか成長を感じることを面接で
「不倫」
とは言えないよね、という話や
でもせめて「恋愛経験」と答えるような就活生っていないのかな
それが仕事に通じるようなPRってどんなかな、という話もしました。

そして彼がしみじみ
「色々あったけど、色々あって今いるサッちゃんが大好きだよ」
と言ってくれました。
幸せ者の私はそんなこと言ってくれなくても実はわかっているのです。
でも かわいい とか 素敵 とか 会いたかった ではなくて
「好き」って言ってくれたのは久しぶりだってことも気付いてる。
去年の初夏にちょっと関係が危うくなって以来
私は「好き」って言葉が言いにくいと感じていたし
だからこそ彼が言うかどうかにも敏感になっていた。
どれだけ好きでも叶わないものは叶わないからね。
そう思うとやりきれないので意識していたのです。
とはいえこうも平和な日々が続くとだんだんその感覚も薄れていくし
彼は特に意識していなかったらしく
「久々に好きって言われた」と言っても
そう?だって。
嬉しい。けど悲しくもなる。そのことがまた悲しい。嬉しいけど。

ホテルでピザーラのピザを注文しました。
生地の耳の部分にチーズとウインナーが入っている
ベルサイユなんとかというタイプのものを頼んだのですが
彼が「この生地気に入った!やっぱ普通の耳ってつまんないじゃん」と
嬉しそうに食べるのが子どもみたいでおもしろかったです。




↓ありがとうございます^^
スポンサーサイト

この記事へのコメント
甘いです。なんだろ。べったりとしている甘さではなく。
ちょっと苦味があるけど、口どけもよくて、後味は良くてそばに置いときたい甘さかな。

「今いるさっちゃんがすき」

良い言葉です。

今現在のお2人は、色々経験してきたお2人で、
2人で積み重ねてきたお2人ですもん。

幸せって 芽を育てるようなものですよね、毎日丁寧に水をあげ
肥料や太陽の光を調節して、寒かったらあったかい部屋に入れてあげる。

そういうことをお2人がやってるんだな。って思いました。

かず
Posted by かず at 2008.03.19 15:21 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2008.03.19 15:23 | 編集
「好き」って言われたり言ったりして、嬉しいような悲しいような気持ちになるの、よく分かります。

今の私は悲しさの割合の方が多くて、どうもダメみたいです。なんか悲しいみたいです。

ゆっくりデートできたみたいで良かったです☆
Posted by 遥 at 2008.03.20 00:56 | 編集
◆かずさん

すてきな喩えをしてくださって嬉しいです^^
私がこれまで長く付き合った人はみんなとっても大人だったからか、
ふたりで幸せを芽のように育てる というより
私が、かずさんが書いてくださったように大事に大事に
育られてきたような感覚がします。

鍵コメの件、喜んで^^ ただ少々お待ちを。。



◆遥さん

コメントありがとうございます^^
「『好き』って言われて~」というのは
きっといつまでも拭えないんだろうなって思ってます。

悲しさの方が多いのに一緒にいたいのはどうしてなんでしょう?
遥さんは御存知だと思いますが前の彼と付き合っていたころ
もちろん楽しかったり悲しかったりいろいろありましたが
その頃学校の先生がある授業でこんなことを話していました。
何かに耐えてまでそばにいようとするのは
その人が何か自分のニーズを満たしているからであって
必ずしも愛じゃないんだって。
私はこれを聞いて結構頭を殴られたような気持ちになって
事あるごとに思い出します。彼以外の人間関係においてもですが。

レスでこんなこと言って、お気を悪くされたらごめんなさい。
遥さんのことがどうだなどと言っているのではなくて
自分のこと思い出してお話しているだけなんですが・・・。
Posted by サチ子 at 2008.03.20 19:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。