--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.04

生活っていろいろだ。

妹が、部屋の掃除をすると言って古い教科書やノートを一思いに捨てているのを見て
私もむらむらと破り捨て欲が湧いてくるのを感じたので
今朝起きて一番に大きなゴミ袋を持ってきて、あれこれ処分を始めました。
大学受験のときの、自分専用の弱点集や書き込みだらけのプリント
大学入学してすぐにはなんだか捨てられず、
日本史なんかはもしかしたら見直すこともあるかもしれないし などと思って
とっておいたのが今になってもそのまま残っていた。
およそ6年間一度も触れられることなく、ね。
あ~がんばってたよ君は、えらいえらい と最後の褒め言葉をかけてやりながら
全部捨ててしまいました。
大学の学部時代の授業のプリントも
不勉強からくる自信のなさで、いつか使うかもと思って大事にとってあったのだけど
いまだかつて復習や確認のために開いて見たことがあっただろうか。いや、ない!
ということでほとんど捨てました。
棚一段すっきりなくなった。デッドスペース だったわけですねここは。

捨てた捨てたと言いつつも、裏が白くて使えるものは横にのけといたのですが
捨てるほうも捨てるほうでゴミ袋たっぷり
重くて持てないから小出しに出そうって考えているくらい出ているのに
裏紙のほうは裏紙のほうで なにかビジネス立ち上がるんじゃね?ってくらいの
ものすごい量が出たので途方にくれてます。
古紙回収に出せばいいのだろうけど、
書き損じエントリーシートとかが無用心に混ざっていると思うので
今からそれを取り出すのも面倒だし・・・
なにより本当に、予想を超える量でびっくりしてしまったので
自分で何かに使わないと気が済まないような思いです。
今までも、文献読みのノートを作るときは裏紙を使ってはいるのですが
お店でスタイリッシュなノートなんかを見かけると
こういうの買って使うほうがうきうきするのは間違いないんだよな~って思ってしまう。
裏紙をさっとまとめておしゃれで使いやすいノートを作れるような
そんな文具があったら多少高くても今の私なら即買いなんだけどな!


コーラスラインコーラスライン
(2001/10/25)
マイケル・ダグラス
アリソン・リード

商品詳細を見る

もとのミュージカルを知っていたらまた違ったのかもしれないけど
ちょっとノリについていけなかったところもある。
ダンサーのオーディションで ありのままの自分を語れ と要求されて
応募者それぞれの人生模様が浮き彫りになっていく 
大筋とかテーマは全体としてよいなあと思ったけれど
採用を決める演出家とあるダンサーとのロマンスというもうひとつの要素が
あんまりうまく絡まず浮いている感じがして、その点は正直ちょっと不快であった。


らくだの涙らくだの涙
(2005/06/24)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

モンゴルで羊やらくだを飼って暮らす遊牧民の家族のドキュメンタリー。
難産でようやく産んだ子らくだを、母らくだはまったく育てようとしない。
お乳を求めて子らくだが近寄ると逃げてしまい、その子らくだはいつもひとりぼっち。
もちろん遊牧民の家族が母乳を容器で飲ませたりなんとか母子を近づけようと努力をしたりと
子らくだを愛する存在はあるけれど、
仲良く寄り添う別のらくだの親子のショットと対比される
その子らくだのひとりぼっちのショットが物語るものは大きいなあと感じた。
ドキュメンタリー映画を見るのはもしかしたら初めてだったかな?
監督インタビューも興味深かった。



↓ありがとうございます^^
スポンサーサイト

この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2008.04.05 07:04 | 編集
◆鍵コメさん

お返事遅くなりました。
了解です。お気遣いありがとうございます。

私は掃除が苦手で・・・いやだなあと思いつつもいつもモノが溢れた部屋です。
彼が「俺が遊びに行ったらどうするのー」って
そんなことありえないくせに言ってきます。
Posted by サチ子 at 2008.04.07 10:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。