FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.22

no one is too old to start anything

渡辺直美のネタでビヨンセに興味を持った私は今どきの若者として間違っているでしょうか。
ビヨンセ、名前は知っていたのだけど、てっきり韓国の俳優か何かだと思ってました。うっとー。
某バラエティー番組で渡辺さんが気持ちよさそ~うにネタを披露するのを見て
え、これがそれ?てな具合にビヨンセさんを認識しました。
おりしも最近、携帯にイヤホンをつなげられるツールを手に入れたところだったので
違法じゃないサイトで数曲ダウンロードして電車の中とかで聴いています。

これまで洋楽ってあまり触手がのびないでいたのだけど
なんとなくこのまま興味が広がっていくのではないかという予感がある。
中高生のころ「好きなミュージシャン」というのがいなかった。
流行っているものをそれなりに聞いて、気に入ったり気に入らなかったりいろいろで
まわりの友達が言うように誰々が好き!と言えない自分に
あれ~これでいいのかなあ?と思っていました。感受性が鈍いのだと思って。
大学生になったらなんだかもうちょっといろんなことに感じ入るようになって
音楽に限った話じゃないけど、興味を持って見たり聞いたり買ったり行ったりということが増えた。
もうすでに 何かに興味を持つ ことについては出遅れた感をものすごく抱いていたけど
「私ってまだまだこれからかも!」と思ったのをよく覚えています。
そのとき以来、何についても「これからかも!」というノリでなんでも考えられるようになったのだ。
だからその気付きの瞬間は、人生的にわりと大事な瞬間だったと感じている。

ビヨンセ、いや正確に言うと渡辺直美によって思い出した。そんなこと。



↓ありがとうございます^^
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。