FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.01

軽い落胆

今日のメインイベントの感想は「軽い落胆」。そんな感じ。

***

メインじゃないできごとについて。
品川アトレはちょっと私にはまだオトナすぎるようなにおいを感じるので通り過ぎて、
改札中の ecute で寄り道をすることにしました。
そう広くないフロアに好みの雑貨屋がたくさん入っていて、予想以上に楽しめました。
おひとつ紹介するのは「遊NAKAGAWA」 奈良に店があるという和雑貨のお店。
和雑貨の店なんて最近どこでもよく見かけるのだけど
全部欲しくてどうしよう、とこんなにもなかなか立ち去れなかったのは初めてでした。
聞けばもっと我が家に近い街にも店舗があるとのことだったので
いつでも来れるさと自分に言い聞かせてなんとか一点だけ選んで買いました。



前に読んだの一節でとても気に入った箇所があって
たしかそれを当時のノートに書き写したはずだということを思い出した。
何がきっかけで思い出したのか自分でもよくわからないのだけどとにかく読み返したくなったので
2年前のごちゃまぜノートを開いてみました。
当にごちゃまぜノートで、手書きのスケジュール表 や映画の感想 学校の授業のノート
卒論や院試用メモ 講演メモ 日記 心情吐露 などなどなんでもあり。
このブログとおんなじで、カテゴライズ不能論に基づいて存在している代物。

探してみると確かに雑な引用をしていました。大意だけで、厳密に写してはいなかった。
C.F.ラミュ『ストラヴィンスキーの思い出』泰流社、1945?55?(読めない) 訳者はメモなし。
・卑近な事物に喜びを感じるのを見て私はあなたと知り合った
・私を取り囲む人間たちにとって事物は取るに足らないものだった。~そのようなときにあなたはやってきたのだ
・それらの時が私にとってきわめて重要であるとすればあなたにとってもなんらかの重要性がないわけがなかった
他。
そういえばあまりに書き留めたいことが多すぎたので
借り物のだったから結局部分的にコピーをしたような気がする。
尻切れトンボな書き抜きが多いのを見ていたらそんな記憶も蘇ってきました。

ラミュという人がストラヴィンスキーと過ごしたある一時期のことを思い出して書いているもので
多分、作曲家研究的に意味のある著作なんだと思うのだけど
ラミュの彼に対する思慕の念が中にみなぎっていて、
恋に近い友情のような、ある種の恐ろしささえ感じられるような熱い思いが印象的だったのだ。
人との自分との間につくる距離、できてしまう距離、あるいは距離をとれないということ
これまでの人間関係に照らし合わせたりしながらそんなことを考えさせられた。今日も少し。

同じノートの違うページに、彼と付き合いだして間もないころの日記があった。
日記というか、胸の内を抑えきれなくなってどうしようもなく文字になってしまったというような文。
初めてデートスポット的なところへ車で出かけた次の日に書かれたもので
彼のこと好きすぎる こうこうこういうところが魅力的だ 嬉しい楽しい という気持ちと
また不倫で これはマジで深みにはまるぞやばいなあ という↑に比例する危機感と。
確かに抑えきれなくなったのよくわかる、こっ恥ずかしい文でした。

このノートは捨てられないな~なんていつまでも持っていて
何かの折に誰かの目に触れるようなことがあったら、けっこう大変。


↓ありがとうございます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
札幌出発直前にネットやってる自分っていったい。。。
とにかく、こういう日記系ノートは大事にしてくださいね。
で、しばらく家を離れるときは隠しておきましょう(笑)
わたしは1994年からずっとこういう日記系ノーをを書いています。
いい加減冊数が多くなってきました。
今日の旅は自分的に10年を振り返る的大事なイベントなので、
もちろん持っていきます。

では行ってきます。
サチ子さんもよい連休を!
Posted by りりー at 2008.05.02 08:06 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2008.05.02 18:27 | 編集
◆りりーさん

直前にも関わらずコメントをくださって私はうれしいです^^
94年からというと私が10歳だから…なるほど。
私もそれくらいの年頃に、断片的に書いていた時期があったのですが
あるとき読み返して捨ててしまったノートもあるのを思い出しました。

心震える旅になるのかなあ、と思っています。楽しんできてください!
Posted by サチ子 at 2008.05.03 09:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。